ジョージ・ルーカス監督らレイア姫を追悼

写真拡大

「スター・ウォーズ」のレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーが、60歳で他界した。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」での演技も記憶に新しいキャリーが12月27日、心臓発作で死去したことを遺族が発表した。

キャリーの娘ビリー・ラードに代わって、代理人のサイモン・ホールズ氏は「大変残念ながら、ビリー・ラードは愛する母キャリー・フィッシャーが本日午前8時55分に息を引き取ったことをみなさまにお知らせします。彼女は世界から愛される存在でしたので、とても悲しまれることになるでしょう。遺族一同、皆様のお悔やみの言葉にお礼申し上げます」と発表している。

キャリーは先日、ロンドンからロサンゼルス行への飛行機内で呼吸が停止し、同乗していた客室乗務員や医師、看護師らから心肺蘇生を施され、その後はUCLAメディカルセンターの集中治療室にて治療を受けていた。

この突然の訃報を受け、「スター・ウォーズ」の出演者らをはじめとする著名人から次々と追悼メッセージが寄せられている。

同シリーズでハン・ソロ役を演じたハリソン・フォードは「キャリーはユニークで素晴らしく、オリジナルな人でした。とても面白く、恐れを知らない人でした」「そして人生を勇敢に謳歌しました」とコメントを出しており、シリーズのクリエイターであるジョージ・ルーカスは「キャリーと私は成人時代のほとんどを友人として過ごしました。彼女はとても賢く、才能ある女優であり、作家であり、皆から愛される多彩なパーソナリティを持ち合わせたコメディ女優でした。『スター・ウォーズ』では私たちの最高で力強く、元気あり賢く、希望に満ちたプリンセスという、多くの人が思っているよりはるかに難しい役を演じてくれました」と声明を出した。

キャリーはシリーズ最新作である「スター・ウォーズ エピソード8」の出演シーンの撮影を全て終えたところだったと言われている。ルーカスフィルム社のスタッフは米ゴシップサイト・TMZに、キャリーは撮影を全て終えていたものの、今回の突然の訃報が同新作の今後に影響を及ぼすかについてコメントするのは時期尚早だとしている。