非アルコール性脂肪性肝疾患の患者が10年間で約3倍に(shutterstock.com)

写真拡大

 お酒をよく飲む人は、肝臓に脂肪が溜るため、肝臓機能障害や脂肪肝などを指摘されることが少なくありません。

 ところが、お酒を飲まない人でも肝臓に脂肪が溜まる、「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」という病気があります。

 健康診断でよくあるのが、次のような医師とのやりとりです。

 「○○さんは、お酒を飲みますか?」
 「ええ、ほぼ毎日飲みますね」
 「お酒の飲みすぎで肝臓に脂肪が溜まっています。飲酒はほどほどにしてくださいね」

 この「ほどほど」は、医学的に1日1〜2合を指しますが、酒飲みがそれを守るのは至難の業。医師自身が<酒飲み>だと厳格な指導をするが心苦しいのか、「ほどほど」というコトバを使うのです。かくいう私もですが......。

 一方で、「私は全く酒を飲みません」という人もいます。そのような人に対して医師が告げる診断名は、「非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease)」。英語名の頭文字をとって「NAFLD」と呼ばれ、近年その患者数は増加しています。

 今回は、非アルコール性脂肪性肝疾患を予防・治療する重要性について説明します。

10年間で約3倍に増加した非アルコール性脂肪性肝疾患とは?

 「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」とは、普段はほとんど酒を飲まないのに、超音波やCT、あるいは組織検査で脂肪肝が認められ、かつ、ほかの原因となる肝臓の病気が否定された状態である。

 最近の調査では、日本人のなんと29.7%がこの病気に羅っており、国内に2000万人以上の患者がいます。ほかのアジア諸国でも同様の割合で患者がいるそうです。ちなみに、欧米諸国の有病率は20〜40%の間です。

 驚くべきことは、近年、この病気の患者が増え続けていること。ある研究によれば、日本では10年間(1994〜2004年)で約3倍に増加したといいます。その背景には、肥満者の増加が関係しています。

 「メタボリックシンドローム」と呼ばれる病態は、内臓脂肪型肥満(ウエストの周囲径が、男性は85cm以上、女性は90cm以上)に加えて、高血圧(135/85mmHg以上)、高血糖(空腹時110/dl以上)、脂質異常症(中性脂肪150/dl以上、または、HDLコレステロール40/dl未満)のうち2つを合併した状態です。

 このメタボの状態を肝臓から見たのがNAFLDです。すなわち、内臓に脂肪が蓄積するような過剰な脂質の摂取などで、肝細胞に供給される脂質と代謝のバランスが破綻し、供給過剰になり、肝細胞に過剰な脂肪が沈着するのです。

 そのため、NAFLDの性別・年齢別の有病率は、日本人における肥満人口をそのまま反映しています。男性では30〜40代をピークに、その後、60歳までは40%前後と、ほぼ一定で高い有病率です。
お酒を飲まない人でも命を落とすことに......

 NAFLDは、単に肝細胞に脂肪が蓄積した「非アルコール性脂肪肝」の状態から、さらに肝臓に炎症が起こり、炎症細胞が蓄積する「非アルコール性脂肪肝炎」に進行することがあります。

 そうなると、炎症によって肝細胞が破壊され、徐々に線維化してしまいます。肝臓の細胞が線維に置き換わると、元に戻らなくなり肝硬変に。肝硬変になると、高率で肝細胞がんを合併するか、または肝硬変が進行して肝不全で命を落とすことになります。

 米国やドイツの病院の研究結果では、NAFLDの患者の死亡率が高いことが立証されています。肝臓がんや肝不全に至るだけでなく、心血管や脳血管の病気など、さまざまな疾患を合併することも多いからです。

 このような背景には、遺伝的要因が関与しているといわれています。しかし、肝臓への脂肪蓄積を予防する生活に改善すれば、病状の進行を防ぐことはできます。

NAFLDを改善させる薬はない

 NAFLDの患者さんがよくおっしゃるのは、「何か脂肪を取り除く良い薬はないですか?」。もし溜まった脂肪を取り除いてくれる薬があれば、皆さんが愛用されるでしょう。ところが、このような都合の良い薬はありません。

 2014年にヒューマンサイエンス振興財団が医師を対象に行ったアンケート調査があります。そこでは、60の病気を挙げ、それぞれに対して「薬剤の貢献度が高いか/低いか」についても調べられました。

 その結果、「効く薬がない・薬剤があまり治療に貢献していない」と答えられた病気の第5位にNAFLDがランクイン。ちなみにNAFLDを上回る(より効かない)病気は、アルツハイマー病や膵臓がんなどです。それほどNAFLDは薬で治せない病気なのです。

 NAFLDによって早期に命を落とさないようにするためには、まず生活習慣の改善が必要です。

 肥満の人は、体重の7%減量を最初の目標にしてください。肥満でない方も、有酸素運動を行っていただきたい。1日30分以上の中等度の運動を週5回行うのがお勧めです。軽いジョギングなどでも結構です。

 糖質はご飯などの穀類から摂取して、間食を控えます。脂質も魚類から摂取し、肉類や乳製品、マーガリンを控えるのがよいようです。また、大豆製品や食物繊維を多く摂取することも推奨されています。

 有効な薬がないのだから、自分で治さなくてはいけません。お酒を飲まない人も、<沈黙の臓器>と呼ばれる肝臓をいたわってください。もちろん、お酒を飲む人は、なおさら肝臓をいたわる生活習慣を心がけてほしいものです。

一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)
滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立医科大学客員教授、東京都市大学客員教授。厚生労働省死体解剖資格認定医、日本法医学会指導医・認定医、専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999〜2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(副会長)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)、日本バイオレオロジー学会(理事)、日本医学英語教育学会(副理事長)など。
連載「死の真実が"生"を処方する」バックナンバー