沖縄女子に学ぶ!!「かわいすぎて許す」と思わせる究極の一句とは?

写真拡大

地方出身女子にとって、大きなモテ武器となるのが“方言”。
実際に、男性の中には「不意打ちの方言に落ちた」という人も少なくありません。

そこで、このコーナーでは、そんな方言女子たちの“落としの一句” をご紹介!
今回は「沖縄女子」の一句を学びます。

●「わっさいびーたん」(沖縄)

沖縄弁:「わっさいびーたん」
⇒意味:『ごめん』

『沖縄県って他の方言よりも意味が分かりづらいから独特ですよね!「わっさいびーたん」は響きがかわいいので、1度は使われたいし、笑って和解できそう』(22歳/大学生)』

『なんだかユニークですよね。ごめんとかすみませんでしたって意味なんだろうけど、そんなに重たく感じさせないところも好きですね』(31歳/WEBディレクター)

日本だけでなく、アジアからも影響を受けている沖縄には少し変わった方言も多くあります。
「わっさいびーたん」は「ごめん」という意味の方言。

芸能人にも沖縄出身の方は多いですよね。
実は恥ずかしがり屋な性格の女性が多いとも言われています。

気は強そうなのに、恥ずかしがり屋 の彼女。
喧嘩をしたときに、こんなかわいい方言で謝られたら、そりゃ男はイチコロですよ。

●【使用例】喧嘩しちゃった……でも素直に「ごめん」が言えない女子たちへ

〜時刻は23:55、喧嘩したまま1日が終わってしまいそう〜
女『もうすぐ1日が終わりそう……私が悪いんだけど……明日デートだから仲直りしたかったな』『電話かけちゃおうかな……』(電話をかける)

男「もしもし?」 女『あのさ……今日のこと……』 男「うん、なに」 女『……わっさいびーたん』 『……ごめんて意味ね』 男(ズキュン!! あ……落ちた)

こちらから謝るとき最初の「ごめん」はなかなか出てこないもの。
男性に謝りたいけれど、なかなか言い出せない……という時に使えるとっておきの落としの一句!

伝えた後にきちんと謝る のもポイントです。

語尾を上げてしまうと「私が悪いの?」と逆に怒っているようにも取れてしまうので、語尾には注意してくださいね!

----------

不意打ちのその一言に、男はイチコロ!
落としの一句、あなたも参考にしてみては?

(文/恋愛jp編集部)