国際人権日である今月10日に、天津市南開区臥龍里など数か所のバス停に、『六四天安門大虐殺』を題とした手書きの黄色い壁新聞が貼られ、多くの市民が足を止め新聞を読んだ(ネット写真)

写真拡大

 国際人権日である今月10日に、天津市の数か所のバス停に、『六四天安門大虐殺』を題とした手書きの黄色い壁新聞が貼られ、多くの市民が足を止め新聞を読んだ。中国語メディア「博聞社」が22日伝えた。

 新聞には、「1989年春から夏に北京を始め全国各地で起きた、青年学生を中心とした多くの市民が参加した偉大な運動は、反腐敗、反官倒(官僚が権力・コネを利用し闇取引をして不正な金をもうけること)の抗議活動であった。またこの運動は真実を述べ、(国民の)権利を求める民主運動で、変革を求め、中国復興を望む愛国運動でもある」「しかし、臂平をはじめとする中国共産党政権は(鎮圧のために)30万人もの人民解放軍を投入し、6月3日夜から4日の早朝まで、反腐敗の抗議をしている武器を持たない市民や学生たちを、装甲車で轢き、銃を発砲し、殺した」と述べられている。

 そして「中国共産党は今も、インターネットやメディアで情報を封鎖しており、この歴史の真相を知る若者がますます少なくなった。当局は、われわれ国民が馬鹿のように過去を忘れることを望んでいる」と批判した。

 また、毎年香港や台北だけではなく、アジアや欧米各地で「六四天安門事件」を記念するイベントが行われていることも述べられており、「社会正義のために、中国が法治的社会になるために、中国の将来のために、天安門事件が再評価されるまで国民全員がこの歴史を忘れず、真相を伝えるべきだ」と結んでいる。

 最後には「中国大陸『六四』平反(再評価)促進委員会代理委主席 張長虹」と署名が記されている。

 「博聞社」の報道によると、中国大陸『六四』平反促進委員会は2011年に設立されたという。張長虹主席は過去にも天津市内で壁新聞を貼ったことがあり、天津市警察当局に数回刑事拘留や行政拘留されている。

(翻訳編集・張哲)