やめないでっ! 女性が「もっとキスしたくなる」胸キュンキス・7パターン

写真拡大

大好きな彼氏とのキスは、思う存分楽しみたいと思う女性もいると思いますが、思いのほか、キスが消化不良で終わってしまうと残念ですよね。今回は、「まだまだ足りない!」と感じやすい、もっとほしくなるキスの特徴を社会人女性に教えてもらいました。

■わざと少ししかしてこないキス

・「相手がわざと短めにチュってしたりすると、お互いに物足りないのがわかっているから、も〜って思ったりする」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「何度も寸止めをされる。お願いしてもほっぺにしかしてくれない」(25歳/医療・福祉/専門職)

チュッと短めにキスしてくるバードキスは、かわいらしいけれど、物足りなく感じやすいキスなのかも。じらされて、もっとほしくなってしまうようです。

■いろんなところにしてくるキス

・「愛情あるキス。唇以外にもほっぺとか首とかおでことか、いろいろな場所にされると幸せ」(33歳/その他/その他)

唇だけでなく、ほっぺやおでこなど、いろいろとキスされると、女性としては求められている感がしますよね。ついもっと! と思ってしまうようです。

■セクシーではないキス

・「セクシーな感じを受けないやさしい感じのキスが続くと、もっとしてほしいと思う」(30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

キスは、セクシュアルじゃないほうが、たくさんしてもらいたくなるという意見も。やさしいキスは、彼の愛情もじわじわと感じられそう!

■別れ際のキス

・「別れ際にする、ちょっとだけ唇を重ねるようなキスは、名残惜しくてもっとしてほしいと感じる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「いつも週一で泊まりに来るんだけど、仕事に送り出すときの朝のキスは足りない」(22歳/医療・福祉/専門職)

別れ際にするキスは名残惜しくて、いつでも物足りなく感じやすいキス。ただこの物足りなさが「また会いたい!」という気持ちを募らせ、次に会える日がより楽しみになるのかもしれませんね。

■遠慮がちなキス

・「遠慮がちに触れてくるようなキスだと、かわいくてこちらからもっと触りたくなる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「控えめなのを何回か連続してされたとき。もっと! と思う」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

謙虚で控えめな彼氏がしてくるやさしいキスは、じらされ効果抜群のキス。もっとしてほしくて、ついこちらから強引に迫ってしまいたくなるキスかも!?

■寝る前のキス

・「バードキスして、おやすみ、って言われるともっとキスしたいって思う」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「お布団の中で軽くキスをされたとき」(27歳/運輸・倉庫/その他)

寝る前の「おやすみのキス」も、うれしいけれど物足りなさも同時に感じるキス。そんな気持ちに気づかず彼氏が爆睡しはじめると、イライラして眠れなくなりそう!

■雰囲気のいい場所でのキス

・「雰囲気のいい場所でソフトなキスをされたとき」(31歳/建設・土木/技術職)

・「雰囲気を大事にしてくれる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

雰囲気のいい場所は同じ目的で来たほかのカップルも多く、人目が気になって熱いキスがしにくいですよね。思っていたよりソフトに終わってガッカリしやすいのかも?

■まとめ

物足りなく感じるキスは、じらされ効果抜群のキス。ただ消化不良で終わってしまうと、なんとなくその後にモヤモヤしてしまうことも多いキスですよね。彼女のこんな「もっとしたい!」という気持ち、彼氏にももっと気づいてほしいものかも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日〜12月19日
調査人数:120人(22歳〜34歳の働く女性)