サラ・ミシェル・ゲラー
 - John Lamparski / Getty Images

写真拡大

 テレビドラマ「バフィー〜恋する十字架〜」のサラ・ミシェル・ゲラーが、亡くなったジョージ・マイケルさんをボーイ・ジョージと間違えて追悼ツイートをし、訂正に追われる一幕があった。

 サラは、カルチャークラブの楽曲の歌詞を引用し、「2016年はわたしを本当に傷つけたいの?(Do you really want to hurt me?) そうみたいね」とツイートし、ボーイ・ジョージよ安らかにのハッシュタグを付けていた。これを見たファンが亡くなった人を間違えていることを指摘すると、サラはすぐにこれを削除して訂正をツイート。

 「正確な情報を得ても悲しいニュースであることには変わりはない。ジョージ・マイケルよ安らかに。わたしを正してくれたみんな、ありがとう。悲しいわね」とつぶやいた。その後も、「一応言っておくけど、ボーイ・ジョージとジョージ・マイケルの違いはわかっているわ。聞き間違えただけ。悪気はなかったのよ」「これだから普段は公のことにコメントしないの。でもクリスマスだったから、特に悲しいニュースで。これで学んだわ」と続けている。ちょっとしたミスをバカにし、攻撃されたことにうんざりしているようだ。(澤田理沙)