ハ・ジョンウ&チュ・ジフン&EXO ディオら出演映画「神と共に」コンセプトイメージがベールを脱いだ…第1部は来年夏、2部は2018年夏に公開

写真拡大

映画「神と共に」(監督:キム・ヨンファ、制作:リアルライズピクチャーズ) がベールを脱いだ。

最近Dexter Studiosの公式ホームページには「神と共に」の予告イメージが公開された。公開されたイメージには夜空を飛ぶハ・ジョンウ、チュ・ジフンらの姿が写っている。これまでベールに包まれていた「神と共に」が映画のコンセプトを示すイメージを公開するのは今回が初めてである。

「神と共に」はチュ・ホミン作家の同名人気ウェブ連載漫画を原作にした映画で、300億ウォンが投入される大作映画だ。主人公ジャホンが亡くなった後、49日間死神カンリム、ドクチュン、へ・ウォンメクと共に裁判を受ける物語を描いた映画だ。死後世界のCGの具現化がカギとなる作品だ。「美女はつらいの」「国家代表!?」「ミスターGO!」を手がけたキム・ヨンファ監督がメガホンを取った。

ハ・ジョンウは死神のリーダーであり、人間に対する愛情で悩むカンリムを、チャ・テヒョンは突然死んで死後世界で裁判を受けなければならない人間ジャホンを、チュ・ジフンは冷徹な死神へ・ウォンメクを、マ・ドンソクは現世で人間を守るソン・ジュウンを演じる。キム・ヒャンギは死神のドクチュンを演じ、EXO ディオはウォン一等兵役を演じる。

今回の映画は第1部と2部を同時に撮影するとし、制作段階から話題を集めた。Dexter Studiosによると第1部は2017年夏、第2部は2018年夏に公開される。

これに関連してロッテエンターテインメントの関係者も27日、TVレポートの電話取材で「第1部は2017年夏に、第2部は2018年の夏に公開する」と伝えた。