27日、「キャプテン・アメリカ」シリーズのルッソ兄弟のプロデュース作を撮影中の俳優ダレン・ワンが、「合格点」をもらい喜びを語った。写真はダレン・ワン。

写真拡大

2016年12月27日、「キャプテン・アメリカ」シリーズのルッソ兄弟のプロデュース作を撮影中の俳優ダレン・ワン(王大陸)が、「合格点」をもらい喜びを語った。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

「キャプテン・アメリカ」シリーズをヒットさせたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソの兄弟監督は今年、中国へ積極的に進出。中国映画の制作会社アンセム&ソングを立ち上げ、今年5月には第1弾となる制作プロジェクトを明かしており、これが現在撮影中のSF映画「奇幻之旅」となるようだ。

「奇幻之旅」では、昨年大ヒットした台湾映画「私の少女時代−Our Times−」で一躍ブレークした俳優ダレン・ワンが主役に抜てきされている。ダレン・ワンはこのほど、初めて現場にやって来たジョー・ルッソ監督と対面。オファーを受けてからこれまで、一度も会うことがなかったため、緊張の一瞬だったという。

そのジョー・ルッソ監督から直接声を掛けられ、「われわれの人選は間違っていなかったよ」と合格点をもらったダレン・ワンは、「最高のクリスマスプレゼントだった」とあふれんばかりの喜びを語っている。(翻訳・編集/Mathilda)