中国海軍の「遼寧」艦隊は24日、西太平洋海域での遠洋訓練へ向かった。予想できることだが、日本の海上自衛隊がまた追跡を行った。写真は「遼寧」。

写真拡大

中国海軍の「遼寧」艦隊は24日、西太平洋海域での遠洋訓練へ向かった。予想できることだが、日本の海上自衛隊がまた追跡を行った。25日夜、日本防衛省は東シナ海を航行していた中国空母艦隊が同日午前10時頃、すでに宮古海峡を通過して西太平洋に入ったと発表した。同海峡を通過した艦艇は「遼寧を含む計6隻」。25日午後、艦載ヘリコプターが「『遼寧』と共に航行するフリゲートから」発艦し、宮古島領空約10キロに接近し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対処した。人民網が伝えた。

「遼寧」艦隊の遠洋訓練を日本が追跡・監視する問題について、軍事専門家の尹卓氏は「日本はここ数年、特に安倍政権以降、一貫して中国を戦略的ライバルと見なし、中国海軍の発展を注視している。日本は中国海軍の強大化は脅威になると考え、過去数回の「遼寧」の海上訓練及び通常の活動を注視してきた。今回の「遼寧」艦隊の遠洋航行は作戦内容訓練が中心であり、過去の技術訓練とは異なる。「遼寧」艦隊が訓練中に使用するレーダー周波数、データリンク、衛星通信などは作戦訓練に不可欠な情報ネットワークを構成している。日本はこれに非常に注目している」と述べた。

では、実戦訓練において、中国側は情報漏洩をいかにして防止するべきか?尹氏は「各種電子設備はこうした状況下では訓練周波数を使用する。同時に艦長と艦隊指揮官も周辺でどのような設備が監視・傍受しているのかをよく分かっている。したがって周波数の使用、レーダー始動などの面で情報漏洩防止措置を講じる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集NA)