極私的! 月報・青学陸上部 第22回
■原晋監督インタビュー 後編

 箱根駅伝登録メンバー発表会で主要大学が挙げた警戒すべきチームは「早稲田大学」が多かった。青山学院大学が頭ひとつ抜け出しているので、東洋大学も駒澤大学も確実にトップ3を狙うには早稲田大学がライバルになるということなのであろう。

 実際、早稲田大の前評判はいい。11月の全日本大学駅伝では最終8区で青学大に抜かれて2位になったが、改めて「早稲田伝統の強さ」を示した。箱根に向けての調整も順調のようで、全日本の雪辱を果たすと意気軒高だ。しかし、原晋監督が警戒すべきチームとして挙げたのは、早稲田大ではなかった。

―― 東海大学を警戒すべきチームに挙げたのはどういう理由なのでしょうか。

「早稲田をはじめ、東洋、駒澤、山梨学院は安定したメンバーだし、額面通りに走ってこんな感じだろうなっていうのはだいたい見えているんです。でも、東海は1年生が8名も入っていて未知数な要素が多い。その1年生が核となってレースを動かすような展開になって、まあ箱根はそんなに甘くないよとは思っているけど、上級生が要所要所でしっかり仕事をしてくると怖い。

 1年生がその勢いに乗って、チーム全体が120%の力を発揮するかもしれない。もともと潜在的な力があるチームですし、今回はノープレッシャーで走れるので、いつも以上に力が出ることもある。そういった勢いで勝つ可能性を秘めているだけに警戒しなければならない」
 
 東海大は關(せき)颯人、鬼塚翔太、舘澤亨次らのスーパールーキーを擁し、一番伸びしろのあるチームだ。特に關は、出雲駅伝の2区で下田裕太を追い抜き、力を見せつけた。上級生が頑張って彼らの能力を引き出す形になれば、その破壊力は底知れない。そのまま優勝するとこの先、手がつけられなくなるほど強くなる可能性がある。

―― 一気に優勝を狙う存在になる可能性もあると。

「今回、東海大が勝ってしまうと勢いプラス力での優勝になるので、このまま4連覇してしまう。だからこそ、今回はぎゃふんと言わせて、箱根はそう簡単じゃないぞっていうのを見せておかないと」

 さて、箱根本番まで1週間を切った。ここからチームをどう本番まで導いていくのだろうか。

―― 本番前、何か特別なことはしますか。

「いや、特にしないね。昔は元旦の朝練習を終えて近所の神社に行っていたけど、今はしていない。淡々と普通に過ごします。他大学では、箱根に漏れた選手を集めて厳しい強化練習をするっていうのを聞いたけど、うちはしない。それをすると、その子たちのテンションが下がるし、疲れてインフルエンザとかの病気になって結果的にチームにマイナスになってしまう。だいたい16人から漏れた選手が体調を崩すんでね。

 だから、うちは漏れた選手も含めて気持ちのいい、ウキウキするような練習をする。そうなるとチーム全体が明るくなるんですよ。また、大学によっては16名以外の選手を冬休みに入ると帰省させるところもあるらしいけど、それは学生スポーツとしてどうなのかなって思います。帰省させるとリスクが減るけど、本番までの経緯が見られないし、しかもゴールした時に、みんなでわぁーって盛り上がらない。だから、うちは最後までみんなと一緒に戦うんです」

 原監督はそうした経験をさせるだけではなく、レギュラーとサブメンバーが一緒に戦うことで一体感を生み出そうとしている。それはチームスポーツにとって非常に重要なものだ。一体感がチーム力をアップさせ、火事場のバカ力を発揮させるからだ。


―― 監督は「箱根は楽しい」という環境作りもするそうですね。

「駅伝シーズンが始まると、いろんなマスコミが取材に来るようになり、箱根前にピークとなります。そうなると、にぎやかになって今日はお祭りみたいだなぁってウキウキするんです。試合前の取材とか、学生にとってプレッシャーになるものは自分が引き受けて、学生が楽しそうだなぁって思える空間を作っている。優勝したら朝からテレビに出たりと、今度は学生たちに本モノのにぎやかな世界を味わってもらう。それが結構、学生のモチベーションになるんですよ」

 これまでの原監督のメディア露出は半端ない。午後のワイドショー『ミヤネ屋』での準レギュラーをはじめ、テレビやラジオに多数出演し、イベント、講演、単行本の出版などメガトン級のボリュームで活動してきた。いずれも原監督の明るいキャラクターや歯に衣着せぬ言動が重宝されてのものだが、それを苦々しく見ている人たちもいる。

―― 中傷されることも多いのでは?

「あーだ、こーだという陸上関係者はいるけど、まったく気にしてない。ほとんどがやっかみでしょう。私がマスコミに露出して、チームが勝つことで子どもからシニア層まで間違いなくファン層は拡大し、陸上への興味が高まった。

 実際、大分の合宿先で小中学生の陸上教室をやった時は300人ぐらい来て、2時間ぐらいサインしましたからね。各大会会場も青学が行くと反応が違う。私はもっとファンを増やして陸上界を盛り上げていきたい。陸上界を変えていくために、これからもどんどん出ていくよ(笑)」

 とはいえ、いいことばかり続くわけではない。選手が故障したり、練習がうまくいかない時もある。そんな時、原監督が気分転換として行くのが銭湯である。箱根駅伝に初優勝する前から町田の銭湯に行くようになった。最初は地元の客も見て見ぬフリをしていたが、箱根で優勝すると、「やっぱりあんた監督だったかぁ」と声をかけられた。そうして地元の人たちと一気に打ち解けたという。

―― その銭湯はどんな雰囲気なんですか。

「銭湯にはいろんな人が来ます。議員さん、幼稚園の園長先生、酒屋のオーナー、年金暮らしのおじいさんとかね。そこでみなさんと話をするのが楽しいし、大きな風呂もサウナも気持ちいい。解放感に浸れるし、リラックスできるので、風呂でいろいろと考えを巡らせることが多い。今回の『サンキュー大作戦』もここでひらめいたからね」
 
 大好きな銭湯は箱根本番前にも行くらしい。そこで区間エントリーのメンバーを考えることもあるだろう。その時のひらめきの人選がレースに大きな影響を及ぼすかもしれない。

―― 他大学が「青学包囲網」を敷いてくると思いますが。

「よく言われるけど気にせんね。例えば、プロ野球でカープが首位にいて、9連戦で巨人、阪神、ヤクルトと対戦する時、各チームがエースをカープにぶつけてくるのはある。でも、駅伝は全員同時スタートだし、エースをぶつけてきたところで、その選手と1対1で戦うわけじゃない。大事なのは自分たちがいい走りをできるかどうかということ。

 結局は自分たちとの勝負なんです。自分たちの調子が悪ければ勝てないからね。うちはこれまで1年間、やるべきことをやってきた。だから、病気や何かアクシデントが起こらないかぎり、うちが勝つよ」

 原監督は、キッパリとそう言い切った。長距離はここ2、3ヵ月の練習で勝てるほど甘くはない。春のトラックシーズンから夏季合宿の走り込みを経て、ようやく走る力が身についてくる。一朝一夕にはいかないのが長距離であり、だからこそこれまでの積み重ねを原監督は重んじ、やってきたことへの自信を膨らませているのだ。

―― 3連覇を達成したら、次の目標は?

「東京五輪が近づいてくるし、東京五輪の人材は今の大学生が主軸になっていく。となると、アマチュアスポーツ最高峰の舞台となる箱根駅伝のトップチームの監督として、東京五輪を見据えた強化について発言していかなければならない。リオ五輪を目処に各競技団体は変化したけど、陸上界はまだ変わっていないんでね。そこにくさびを打ち続けるためにも、これからも勝ち続けて、東京五輪でのマラソン復活の後押しをしていきたい」

 陸上界をプロ野球やサッカーのように魅力があふれる世界にしたい。選手が食える陸上界にしたい......。

 野心を隠さず、強烈なリーダーシップで陸上界の変革を推進する原監督にとって、箱根駅伝3連覇は大きな目標だがゴールではない。それを達成した先に見えたもの、手にしたものを陸上界に還元していく。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun