<「現職初」の触れ込みは「4人目」に訂正され、アメリカのリベラル派からは「慰霊の対象はアメリカだけじゃない」と批判されたが、安倍晋三首相の真珠湾訪問を喜んでくれた人たちもいた>

 真珠湾攻撃から75年目の12月27日、安倍晋三首相はオバマ米大統領と共に日本軍が沈没させた戦艦アリゾナの上に作られたアリゾナ記念館で「歴史的な」慰霊と演説を行った。安倍の演説は反省や謝罪を回避しながら、亡くなった兵士の一人ひとりに「母がいて、父がいた」などと情緒に訴えるもので、ある日原爆が「空から落ちてきた」というフレーズで始まったオバマの広島演説と対をなすもの。中国外務省の華春瑩副報道局長はかねて今回の訪問を、誠意ある反省を伴わない「ショーの要素が大きい」と批判していた。

【参考記事】安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろう!」

「現職首相として初」の真珠湾訪問と日本政府が電撃的に発表したときから、この訪問はパフォーマンス的な要素が強かった。その狙いは、任期切れ間近のオバマにおいては、日米同盟の強化を自らの功績として象徴的な形で世界にアピールすること。一方の安倍は、来年1月20日以降、在日米軍経費の負担増や日米安保の見直しを主張するドナルド・トランプ新大統領と交渉することになる。今のうちに日米関係の重要性を見せておきたかった。

「オバマより安倍のほうが真摯だ」

 真珠湾攻撃を経験したアメリカの退役軍人などとの抱擁の場面は、愛国主義的なトランプ支持者には効果的だったかもしれない。トランプ政権に近い右派ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」は、安倍の演説から次のフレーズを論評抜きで報じた。「私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々のみ霊に、(中略)永劫の哀悼の誠を捧げます」

 驚くのは続くコメント欄。「安倍はこれを来るべきトランプ政権に対する交渉材料にするつもりだ」という皮肉な見方もある一方、「真摯な謝罪だ」「退役軍人の前で跪く姿はオバマより安倍のほうに誠意を感じた」「両国はお互いに何も負い目などない。あるのは永遠の友情だけだ」など好意的(無批判?)なコメントが続く。

【参考記事】9月2日も終戦記念日――今夏、真珠湾の記念館を訪れて
【参考記事】パックンが広島で考えたこと

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部