28日、台湾の高校生がナチス・ドイツの軍服を模した衣装で学校創設記念イベントに参加した問題をめぐり、中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の報道官は、「ナチズムと日本の軍国主義は全人類一致で唾棄されるべき」と発言した。

写真拡大

2016年12月28日、中国新聞網によると、台湾の高校生がナチス・ドイツの軍服を模した衣装で学校創設記念イベントに参加した問題をめぐり、中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山(アン・フォンシャン)報道官は、「ナチズムと日本の軍国主義は全人類一致で唾棄されるべき」と発言した。

記者から出た「この問題に対して台湾各界からは強烈な批判が出ている。報道官はどう評価するか」との問いに答えたもので、安氏は「指摘すべきは、ナチズムと日本の軍国主義はいずれも第2次世界大戦において世界の人々に多大な災難を与えた元凶という点だ。全人類一致で非難、唾棄されるべきものだ」と発言。その上で「仮に歴史の評価においてこのようなダブルスタンダードが取られ、文化、教育分野で歪曲や誤導が行われているのであれば、結果としてもたらされるのは社会的な価値観の混乱と精神の欠落だけだ」と述べた。(翻訳・編集/野谷)