ことし大きく飛躍した藤原さくらの最新ライブの模様をWOWOWでオンエア!

写真拡大

12月28日(水)夜7時より、WOWOWライブで、全公演ソールドアウトとなった「藤原さくらワンマンツアー2016『good morning』〜second verse〜」の東京公演の模様を放送!

【写真を見る】藤原さくらのナチュラルな佇まいとスモーキーで優しい歌声を堪能しよう

ことしの4月から6月にかけて放送されたフジテレビ系月9ドラマのヒロインに大抜てきされ注目を集めた藤原さくら。彼女は福岡県出身のシンガーソングライターで、'15年にメジャーデビューし、ことし2月にフルアルバム『good morning』をリリース。

ドラマの中でも歌を披露し、そのスモーキーな歌声と彼女が歌った主題歌「Soup」も大きな話題となった。そして9月から自身最大規模の全国ツアー「藤原さくらワンマンツアー2016『good morning』〜second verse〜」を開催。追加公演を含めた8都市14公演が全てソールドアウトとなったことからも、その注目度の高さが伺える。

その全国ツアーの中から、11月24日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて行われた東京公演。まだ11月というのに東京に雪が降ったこの日の公演は、「We are You are」で始まると、「今日はちょっと天気が悪かったんですけど、こんな日にぴったりの曲をお届けします」と「Walking on the clouds」を歌い、会場を暖かな雰囲気で包み込んだ。

その後、ステージの上手に用意されたセットに移動し、「maybe maybe」などを歌い、下手のセットに移動してウクレレを弾きながら「Oh Boy!」を披露。

CDジャケットのイラストを描いた藤田二郎が手がけたステージセットは、ビル群などが描かれた都会的な雰囲気の上手、牛やニワトリや植物が描かれた田舎的な雰囲気の下手に分かれている。

後半戦は、ドラマ挿入歌の「好きよ 好きよ 好きよ」や主題歌「Soup」などを披露。また、「Station」では「立ち上がってみる?」と呼びかけて観客全員が立ち上がり盛り上がりを見せる。

ポップス、ジャズ、ブルースなどの要素を含むサウンド、飾らないナチュラルな佇まい、感情豊かな歌声など、藤原さくらの魅力が凝縮された珠玉のステージ。ことし大飛躍を遂げた藤原さくらのアットホームなステージは必見!