12月28日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比1円34銭安の1万9401円72銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

 12月28日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比1円34銭安の1万9401円72銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは、米ダウ工業株30種平均が大台の2万ドルを前に足踏みし、ドル/円も1ドル=117円台中心の値動きが続いていることから「新たな手掛かり材料に乏しく、日経平均は上下いずれにも大きくは動きにくい状況」と指摘します。

 ただしホリデーシーズンが終わり、米国の主要株価指数やドル/円に動きが出てくれば、日経平均も再び方向感を持った値動きになる可能性があるそうです。

(オトナンサー編集部)