SHINee ミンホ&パク・ハソン&Sechs Kies チャン・スウォン「私に残った48時間」に本日(28日)出演

写真拡大

「私に残った48時間」にSechs Kiesのチャン・スウォン、パク・ハソン、SHINeeのミンホが新たな48時間体験者として出演する。

28日韓国で放送されるtvN「私に残った48時間」では、48時間を体験する新たな体験者としてチャン・スウォン、パク・ハソン、ミンホが出演する予定だ。

自身に死が送られてきたが、特別な感情を感じられないロボット感情の所有者チャン・スウォン、最後まで後悔なく生きたい無限肯定主義者パク・ハソン、「本当の自分」を見せたいデビューから8年たったアイドルのミンホなど個性が光る3人の出演陣が、死ぬ直前の48時間をどのように過ごすのか関心が膨らんでいる。

最初にチャン・スウォンは、死が送られてくると理解できない行動で制作スタッフを当惑させたという。チャン・スウォンに与えられた最後の48時間の始まりを見守った両親は涙を流した反面、チャン・スウォンは何の感情も感じられない“ロボット感情”の一面を表わしたという。

パク・ハソンは、これまで先送りしていた母校を訪問して一生忘れることのできない恩師と感激の再会を叶える。母校の校庭で向き合った学生時代の思い出は何だったのか、卒業後初めて訪れることになった母校で起こるエピソードは何なのか関心を呼び起こしている。

勝負欲の最強者と呼ばれるミンホは、サッカーチーム江原(カンウォン) FCの監督であり父親のチェ・ユンギョム監督のもとを訪れる。48時間が与えられるとすぐに一番最初に家族を思い出したミンホは、父親から直接サッカーを学び、家族に対する心温まる表現をする末っ子らしい様子で人間味を表し、視聴者たちの心を温かくする予定だ。

「私に残った48時間」は、毎週水曜日午後11時に韓国で放送されている。