カン・ドンウォン&キム・ウビン、映画「マスター」アジアプロモーションツアーに参加…海外からも高い関心

写真拡大

映画「マスター」(監督:チョン・ウィソク、制作:映画社チプ、配給:CJエンターテインメント) のチョ・ウィソク監督とカン・ドンウォン、キム・ウビンが、香港とシンガポールでの公開を控えて、1月12日と14日にアジアプロモーションツアーに乗り出し、現地の観客たちと特別なひと時を過ごす。

公開3日目に100万人、4日目に200万人、5日目に300万人の観客を突破して、冬の韓国映画界を占領した「マスター」のチョ・ウィソク監督、カン・ドンウォン、キム・ウビンが1月12日に香港、13日にシンガポールでの公開に先立って現地プロモーション行事に参加する。

これに先立ち、11月2日から9日まで開催されたアメリカ・サンタモニカでのアメリカン・フィルム・マーケット(AFM) では、AFMが開催されるやいなや全ての東南アジア諸国の完売を記録し、アジア諸国の高い関心を立証した。また、北米をはじめとするアジア諸国での公開が予定されており、さらなる海外ファンからの熱い反響が予想される。

「マスター」は建国以来最大規模の兆ウォン単位の詐欺事件を巡って、これを追う知能犯罪捜査隊と希代の詐欺犯、そして彼のブレインまで、彼らの騙し騙される追撃を描いた犯罪娯楽アクション映画である。