Dal★Shabet スビン、新曲「月」公開…パート2にも高まる期待

写真拡大

グループDal★Shabetのスビンが2回目のソロプロジェクトを開始する。これを知らせるニューシングル「月」Part1.が28日午前0時、各音楽配信サイトを通じて公開された。

ニューシングルのタイトル曲「月」は目の前にいる、まるで捕まえられるように見えるが、いざ捕まえるにはあまりにも遠い月との距離感を、片思いする相手に喩えた楽曲だ。ハーフタイムシャッフルリズムのポップスタイルナンバーで、月を活用した言葉遊びを探してみることも面白い。

収録曲「ブランコ」は、一人でブランコに座って独り言を言うように歌を歌うスビンの感性が際立つ楽曲だ。それだけ相手に直接話すことはできず、独り言を言う心を飾り気なく、率直に描いた。シンプルなピアノとストリングだけで構成し、感情をできるだけ淡泊に表現した。

これまで「花」と「この場所」で感性の空間的拡張を歌ったスビン。彼女は新しいプロジェクト「月」で“純粋”をテーマに感性の共感覚を描き出す予定だ。言い換えれば、これはまた別の感性プロジェクトを知らせる信号であるわけだ。

スビンは今回もシンガーソングライターとして自身の力量を発揮した。全曲の作詞、作曲、プロデュースを手がけたのだ。彼女はジャケット撮影をはじめ、シングル制作の全般に関与し、アーティストとして挑戦を止めなかった。

HappyFaceエンターテインメントは、「『月 Part1.』はスビンが心血を注いで作り出した作品だ。スビンの新しい感性が感じられる今回のシングルにたくさんの愛と関心をお願いする」とし「今後公開されるPart2.も楽しみにしてほしい」と呼びかけた。