新会社ウールリッチインターナショナルのグローバルクリエイティブディレクター、アンドレア・ケイン氏

写真拡大

日本でも人気の米アウターウェアメーカー「ウールリッチ」がこのほど、同社のグローバルブランド「Woolrich John Rich&Bros.(ウールリッチ・ジョン・リッチ&ブロス)」の独占販売代理店「ウールリッチヨーロッパ」(伊ボローニャ)と経営統合し、持ち株会社「ウールリッチインターナショナル」を設立、世界の市場で「ウールリッチ」ブランドの拡大や成長を一元化して進めていくことを発表した。J-CASTニュースは新会社ウールリッチインターナショナルのグローバルクリエイティブディレクター、アンドレア・ケイン氏にインタビューを行い、2017年春に東京・銀座に新店舗をオープンするなど日本でもこれまで以上に積極展開していく計画などを聞いた。

1830年設立、伝統誇る世界的ブランド

ウールリッチは1830年に、英国からの移民ジョン・リッチ2世がペンシルバニア州プラムカンに米国初の毛織工場を建設したのが始まり。南北戦争(1861〜65)で北軍のためブランケットを製造、その後、狩猟用の衣類などを手がけ、ハイエンドなアウターウェアの世界的メーカーに成長した。北米で販売されている「Woolrich Outdoor(ウールリッチ・アウトドア)」と世界的に流通している「Woolrich John Rich & Bros.」の2つのブランドがある。

新会社ウールリッチインターナショナルは、本社をジョン・リッチ2世が生まれた英国のロンドンに置き、ニューヨークなど米国に2か所とウールリッチヨーロッパの本拠だったボローニャなどイタリアに2か所、計4か所にオフィスを設ける。

新会社の会長には、ウールリッチヨーロッパの会長兼最高経営責任者(CEO)のクリスティーナ・キャロリが就任、CEOはウールリッチのパオロ・コリナルデシCEOが務める。またウールリッチヨーロッパのクリエイティブディレクター、アンドレア・ケイン氏が新会社のグローバルクリエイティブディレクターとして、世界市場での製品展開やブランドイメージをめぐる全権を担う。

松坂屋跡地に建設中「GINZA SIX」に出店

ウールリッチは日本では、主に衣料品を扱う商社、八木通商(大阪市)をパートナーに事業を展開。東京都内に「表参道店」(渋谷区神宮前)と「二子玉川店」(世田谷区玉川)の旗艦店2店を構え、全国にも店舗網をめぐらしている。「日本はファッション業界の一大マーケットであると同時に、中国をはじめとするアジア市場に影響を与える存在なので私たちにとって非常に重要」とケイン氏。同氏は17年4月に東京・銀座に新店舗を設けるなど今後の計画の一部を明らかにした。

それによると銀座の新店舗は、松坂屋銀座店跡地に建設中の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」(17年4月20日開業)でオープン。また、20年までに新たに5店舗の展開を目指す一方、大手デパート内にメンズ5店舗、レディース9店舗のショップを展開する計画を立てている。ケイン氏は「(市場別の)ローカル戦略に加え、統合を機に、北米、欧州、アジア各国でブランド認知を高めるための大きな投資を伴うグローバル戦略を立案している」と述べた。