イ・ビョンホン「大鐘賞映画祭」で主演男優賞を受賞…意味深いコメントが話題に

写真拡大

俳優イ・ビョンホンとソン・イェジンが男女主演賞を受賞した。

イ・ビョンホンとソン・イェジンは27日、ソウル世宗(セジョン) 大学コンベンションセンターで開かれた「第53回大鐘賞映画祭」にてそれぞれ主演男優賞、主演女優賞の栄誉を授かった。

この日イ・ビョンホンは映画「インサイダーズ/内部者」で主演男優賞を受賞した。イ・ビョンホンは「20年前、新人賞で初めて大鐘賞の舞台に立ったことを思い出す。俳優なら誰しも一回ぐらいは必ず立ちたい名誉な授賞式だった。今日、授賞式に来ながら色んなことを思った」とし「賞をもらうことは嬉しい事だが、嬉しい気持ちより重い気持ちが先んじる」と話し始めた。

引き続きイ・ビョンホンは「大鐘賞は、最近色んなことを言われ問題も多くて、その問題が解決されていない感じがある」とし「大鐘賞の名誉を以前のように取り戻すのは短時間で解決されることではないと考える。どんな事が賢い方法で、正しい解決策か分からないが、変化は個人の意志や努力でなるというより、一心となって悩み努力する瞬間から変化が始まるものと考える」と意味深い受賞の感想を述べた。

ソン・イェジンは映画「徳恵(トクヘ)翁主」で女優主演賞を受賞したが、出席できなかった。代理受賞した関係者は「撮影中で出席できなかった」とし「賞はしっかり渡したい」と話した。