知れば、なお美味しい

写真拡大

お正月といえばおせち料理。一つひとつの料理に子孫繁栄、不老長寿、豊年豊作など意味があるのは知っているけれど、具体的な内容となると曖昧な知識しかなかったりしませんか?

なんとなく食べるより、ちゃんと意味を知って食べる方がご利益がありそうな気がします。おせちの基本知識、おさらいしてみましょう!

これだけで完璧! おせちの基本形

まずは入れ物となる"お重"。お重にもちゃんと意味があります。

段重ねの入れ物には「めでたさが重なるように」という意味が込められているそうです。お重の段数は正式には4段が基本。そう思うと、"正式"って結構なボリュームですよね。

さてさて、ここからは料理に込められた意味です。あなたはいくつ知っているかな?

まずは「祝い肴3種」です。

新年には、日本酒をみりんや生薬とともに漬け込んだ薬草酒"おとそ"を飲む風習がありますが、このおとそを祝うために頂く料理品を、「祝い肴」と呼びます。

その1つは「お田作り」。片口いわしを乾燥させたごまめは、かつて田の肥料にもしたことから「田作り」とも呼ばれています。「五万米=ごまめ」の当て字から、田んぼを作る縁起物として豊年豊作の願いを込め、おせちに詰められるようになりました。

2つ目は「黒豆」。「黒く焼けるまで、まめ (勤勉)に働けますように」という願いが込められています。関西風はふっくらですが、関東風は「しわが寄るまで元気で働けるように」としわができるように炊き上げます。

3つ目は「数の子」。親の「ニシン」が両親の健康を祝う「二親健在」に通じること、卵の数の多いことから、「子孫繁栄、子宝」という意味を持つ縁起物になっています。

この3つ揃えばおせちの形が整うといわれています。忙しくておせちを準備できなかった人も、年が明けたらとりあえずは食べておきたいですね。

まだまだあります! おせちのキホン

お次は「口取り肴3 種」。

口取りとは、おもてなし料理「饗膳(きょうぜん)」のうち、お吸い物といっしょに最初に出す皿盛りのことです。 かまぼこ、きんとんを始め、魚、鳥、野菜など、甘く味付けした海の幸と山の幸の両方を1皿に盛る、いわゆる「酒の肴」です。3品から9品まで奇数で取り合わせるのが基本です。

基本の1つ目は「紅白かまぼこ」。かまぼこは、初日の出の日が昇る形に似ているところから、仕事や学業の門出を表す縁起物です。赤は魔よけ、白は神聖の意味を持っています。

2つ目は「伊達巻」。伊達巻の形が、今でいう本やノートの"巻物"に似ていることから、学問成就や文化の発展の意味を持っています。 伊達巻には、脂と旨味が強い高級魚の黄グチを使います。

3つ目「栗きんとん」の"きんとん"は漢字で 「金団」と書き、金銀財宝を表します。鮮やかな黄色に仕上げる色付けには、クチナシの実が使われています。新年に黄金に輝く栗きんとんを頂くことで、1年の金運を呼び込めるという願いが込められています。

いかがでしたか? 家族でおせち料理を囲みながら、会話のタネにしてみてください。

出展は紀文「おせち料理大事典」、「おせち料理.com」など。