AR performersによるライブ「AR performers『1st A'LIVE」が1月14日(土)、15日(日)に開催される

写真拡大

AR performersによるライブ「AR performers『1st A'LIVE(ファースト アライブ)」が1月14日(土)、15日(日)に東京・ディファ有明で行われる。それを前に、内田明理プロデューサーに話を聞いた。

【写真を見る】“AR performerライブ”は「体験したことのないエンターテインメント」

【新感覚エンターテインメント“AR performer”とは? より続く】

――実在のアーティストと比べてのメリット、デメリットは何でしょうか?

デメリットは、まず大人数が関わること(笑)。1人のパフォーマーを動かすためにいろいろなプロフェッショナルが訓練して、デジタルの機材や技術を使って人形浄瑠璃みたいなことをやっているわけですよ。1人の人が練習して、歌って踊った方が早いですよね。

最近、こういうAR performersに興味を持った方がアクセスしてくださるんですけど、「タレントが実際にいなくてもできるわけだから、安く上がりそうだ」って言う方がいらっしゃって、そういう方には「いや、むしろ高いですね」って言っています。安くできると思って、こういったエンターテインメントに興味を持ってらっしゃる方は、ちょっと考え直した方がいいですね。余計なお世話かもしれないですけど(笑)。

メリットとしては、やっぱり人形浄瑠璃でスーパーマンが作れることです。AR performersの中の人たち、例えばシンジは、歌や声はすてきな声のプロフェッショナルの方が、普通の立ち居振る舞いや芝居は役者さんが、ダンスシーンはプロ中のプロのダンサーさんがやってらっしゃるという、一流の技を結集してスーパーアイドル、スーパーアーティストを作れるっていうのが強みだと思いますね。あと、写メを撮られてスキャンダルになったりすることがないのも、いいところです(笑)。

生のアーティストをトレースして近づけようと思っているわけではなくて、せっかくデジタルで表現されている彼らなので、生のアーティストでは絶対にできないような表現もできるわけですよ。例えば、ステージ上で歌って踊って、宇宙船に変形することだって、やろうと思えばできるわけじゃないですか。ドラゴンと闘うことだってできるわけじゃないですか。もちろん、この例えは半分冗談ですけど。

あと、実際に次回のライブでもやるんですけど、“音ゲー”っていうゲームですね。ステージ上で踊っている彼らにゲーム的な映像を混ぜて、観客の皆さんにスマホでステージと一緒に遊んでいただく。ステージ上に演出の花火みたいな物を投げていただいたり、自分の応援コメントを投げていただいたり、あるいは音ゲーのように曲に合わせて一緒にリズムを取って点数を競っていただいたり、そういった事をやっていこうと思っています。

単に見るライブということではなくて、観客の皆さんが「演出に参加した」っていう実感を持っていただけるようなライブにしたいですね。最近はお客さん側で、特に2次元系のイベントだとペンライトの振り方をみんなで決めてきてくださったりするんですけど、これは客席側でも一生懸命パフォーマンスしてくださっているということだと思うんです。

だから、そういう皆さんの気持ちやパフォーマンスをステージに生かすということを提案としてやってみたいなと。例えば、ライブのDVDを観て「あのコメント、私の!」とか、昔の花火大会で「次は○○商店さまのご提供です」みたいなのがありましたが、それをやれないかなって考えています。

――1月にライブを控えていますが、その前に「βライブ」を少し振り返っていただけますか?

「こういう物を作りました」というのを、とりあえず見ていただきたいということでやりました。「まず見ていただきたい」という気持ちが先走り過ぎまして、それ以外何もできてないのにやっちゃいましたね。その後の展開が何もなかったので、皆さんをお待たせしてしまいました。

みんなビックリするだろうと想像はしていたんですが、想像よりも遥かに強いリアクションを頂きましたね。最初にシンジが出てきて歌って「皆さん、こんにちは」って言った時は、みんな再生映像だと思っているんですよ。でも、そのうちシンジが会場の方の質問を拾って「あそこの方ですね、こんにちは」ってやり始めた時にザワザワして、「一体、何が起こってるんだ?」という反応になって。

皆さんがすごく驚いて、盛り上がってくださったことも嬉しかったんですけど、それはリハーサル中に僕自身が感じたことでもありました。僕が観客席側に行って、舞台に立っているシンジに指示を出すんです。シンジが「はい。はい」って聞いているんですが、その不思議さというか、そういうところに自分でもビックリしました。

頭では分かっていても、その不思議な感覚っていうのが本当に新鮮でしたね。そういう驚きもあって、その場に立ち会えたという経験が来ていただいたお客さまに強い愛着を感じていただけたようで、その日のアンケートでライブの内容やパフォーマーを支持する割合がズバ抜けていましたね。

――では、1月のライブに向けて考えている事や、期待している事はありますか?

今はてんやわんやで、毎日ハラハラし通しの状況で仕事をしていまして、あんまり考えられなくなっているんですけど。βライブの時よりも遥かに進化していて、会場にあるライトがキャラクターたちに実際に当たるんですよ。そういう事って、いまだかつて2次元のエンターテインメントではなかったと思うんですけど、その臨場感というか、存在感たるや、現場で見ていると自分が何を見ているのか分からなくなるくらいの奇妙な感覚です。面白いし、とにかく新しいですよね。

そういった、視覚的にも、感覚的にも新しいエンターテインメントだと思っていて。βライブの時よりもパッと見で意味が分かる、自分がいかに不思議な体験をしているかを直感していただける舞台になってきたなと思っています。曲数もずいぶん増えました。パフォーマーが全員で歌う楽曲もできて、AR performersっていうチームっぽくなってきています。

音楽ライブとして楽しんでいただけることはもちろん、生で彼らと会話していただけるシーンもたくさんご用意していますので、そういったところでも楽しんでいただけると思います。 βライブではさわりしか出せなかった、会場で遊んでいただくアプリ「ふれフレ」も充実した内容になっていますので、おそらく体験したことのないエンターテインメントをお楽しみいただけると思います。

――これからAR performersでどんな世界を作っていきたいと考えていますか?

音楽業界では、アーティストの方の新譜の一方で、アニソンとかゲームの曲とかがチャートにランクインすることが多くなっていて、その中で第3の派閥というか、2Dもリアルもあまり関係ないということを皆さんに気付いていただくというか、その間に入ってしまうようなアーティスト像を作れないかなと思っています。実在と架空の中間のアーティストですね。

例えば、実在のアーティストさんたちで「これ、面白いな」って思った方が「俺のAR performersバージョンを作ってよ」って言ってくれたら、もうウエルカムなんですよ。アーティストさんの中でも新しい技術とか 、2次元的な事に興味がある方とかいらっしゃいますから、もしお声掛けいただければAR performersの中でも登場していただきたいですし、「AR performers紅白」みたいなものができるといいですね、年末に(笑)。

1つの新しいエンターテインメントと、新しいアーティストのスタイルになれればいいなと考えています。架空の物だけではなく、実際のアーティストが自分の表現として2Dでも存在する場所になる ような、広がりをみせていければ楽しいなと思っていますね。

――実在するアーティストのAR performersは面白そうですね。

踊ったことがない方がキレッキレのダンスをしてしまうとか、あるいは希望の声や容姿など、2次元としての自分をプロデュースしていただいて、それを表現するとか、いろんな可能性があると思います。

一方で、ARPオリジナルのキャラクターたちも、従来のキャラクターのようにシナリオに書かれていることだけをやるということではないわけです。「生」なので、ステージ上で起こってしまったことは「事実」なわけです。お客さんの反応を受けて、とっさに出る演者さんたちの個性が混ざり合うことで、僕の頭の中から生み出されるだけじゃない新しい個性が生まれる。これが非常に面白くて。

シンジくんも今は王子様然とした人ですけど、もしかすると何か嫌な事があって次の年はやさぐれているかもしれないじゃないですか。黒っぽい衣装になっているかもしれないし、あるいは何かに目覚めちゃって腹筋がシックスパックになっているかもしれないし、 そういう成長の余地がある感じがすごく楽しい。

それは正しく、観客の皆さんがステージ上の彼らを実在のタレントさんみたいに育てていけるっていうことなので、「このキャラクターは、こうあるべき」とかあまりガチガチ考えないで、手綱を緩めていければなと思っていて、自分も楽しみにしているところではあります。

――内田さんが把握できないところに行ってしまうかもしれませんね。

偶発的に生まれてきた面白い癖とかも出てくるんですよ。あと、誰かが「口笛、得意だよ」って言ったら口笛を吹かせてみたり、誰かが「バク転できるよ」って言ったらバク転をやらせてみたり、それをお客さまの前でやって「あいつ、バク転できる」っていうことが知られてしまうとか。本当にマネジャーさんとタレントさんみたいな関係があって、面白いなと思っています。

――最後に、ライブに向けてメッセージをお願いします。

ご覧になったことがない物、というのはお約束できます。そして、純粋にパフォーマンスとしても超一流の人たちが結集して作り上げているデジタル人形浄瑠璃のAR performersなので、本当に美しいし、楽しいし、歌も上手いし、踊りもキレッキレだし、見応えがあるライブになっています。

新しいエンターテインメントで、会場が一体になってゲームしてしまうというような楽しみ方もありますし、本当にぜひ1度ご覧になっていただきたいですね。来ていただいた方には、「これが、自分が今まで追い求めていて、足りないと思っていた何かが全部埋まっているアイドル(アーティスト)なんだ」と感じる方もきっといるはずです。

とにかく、新鮮な驚きっていうのを感じていただけることはお約束いたしますので、ぜひご覧いただきたいと思います。また、「見たことも、聞いたこともないアーティストの歌を聴きにいくのは…」という方は、AR performersのHPで全曲公開しておりますので、ご視聴ください。生で見ていただくと、本当にビックリするような一期一会の体験になると思います。