「花郎」防弾少年団  V、強烈な存在感を見せつける

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「花郎」で防弾少年団 Vが存在感を見せつけた。

韓国で27日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「花郎」第4話では、ハンソン(防弾少年団 V) が悩んだ末に“花郎”に入る姿が描かれた。

先日ナジョンでの殴り合いの事件で追捕されたハンソンは、花郎に入れば身柄を解いてやるという条件を聞き入れた。スホ(SHINee ミンホ) など多くの若者は、縄を解いて花郎になるという誓約書に拇印を押した。

ハンソンの腹違いの兄ダンセ(キム・ヒョンジュン) は、先に誓約書に拇印を押しながらハンソンにも拇印を押せと言った。ハンソンは「やりたいさ。面白そうなことも多そうだし…」と話しながらも「だけど、しない。俺はソク・ヒョンジェの孫だから」と話した。

これに対しダンセは「俺は半分貴族だからと誓約書を書いても花郎になれない。だがそんな俺の前でお前が花郎になりたくてもならないだと?」と言い「お前はソク氏一族の最後の真骨(親の片方が王族の血筋を引いている人) だぞ。お爺さんもお前がここで死ぬことを願われはしないだろう」と淡々と述べた。

結局ハンソンは花郎になることを決心した。

■放送情報
新春「防弾少年団」特集! 2015 BTS LIVE <花様年華 on stage>&アメリカンハッスルライフ全話放送!

2017年1月CSテレ朝チャンネル1で放送決定!