来年新アルバムをリリースするアヴリル・ラヴィーン twitterより

写真拡大

歌手のアヴリル・ラヴィーンが、来年ニューアルバムをリリースすると発表した。

アヴリルは2014年10月に重度のライム病と診断され、そのことを昨年4月に告白。ライム病とはダニに刺されることで感染する感染症で、アヴリルは診断される数か月前から体調不良だったそうだ。アヴリルは「5か月間寝たきりだったの」「私は死ぬって思ったわ」と明かしていた。

そして、アヴリルは現地時間25日のクリスマスにピアノの前に座る写真をインスタグラムにアップし、「こんにちは、みなさん!! 最初に、この2年ライム病との闘いで離れている間、我慢してくれて、サポートしてくれたファンに感謝したいわ。ただ辛い闘いというだけでなくて、勉強になったこともあったのよ。それは私の新しい音楽、芸術性、人生、個人に反映されると思うわ。私はいつも(ライム病と)闘うこと、アヴリル・ラヴィーン基金とライム病について関心を高めることを優先にしていくつもりよ。私は新しい音楽に取り掛かっていて、2017年にニューアルバムをリリースすることを発表できてとても嬉しいわ。あなたたちに心を開いて、シェアすることが待てないの! 新しい曲をあなたたちに聞いてもらえるのがたのしみだわ。最高の2017年になるわよ!」と投稿した。

新アルバムはアヴリルにとって2013年の「Avril Lavigne」以来の6枚目のアルバムとなる。ファンは2017年にワクワクしているだろう。