『沈黙-サイレンス-』 ©2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

マーティン・スコセッシ監督『沈黙-サイレンス-』の場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(8枚)】

公開された場面写真では、窪塚洋介演じるキチジローが十字架を突きつけられ、棄教を迫られているシーンや、アンドリュー・ガーフィールド演じる宣教師ロドリゴを案内するキチジローの姿、加瀬亮や小松菜奈らが演じる隠れキリシタンの村人たちが長崎奉行所の牢屋に捕らえられている様子などが確認できる。

あわせてスコセッシの来日が決定。1月中旬に記者会見を行なうほか、同作のジャパンプレミアに日本人キャストと共に登壇する。

1月21日から全国公開される『沈黙-サイレンス-』は、遠藤周作の『沈黙』が原作。キリスト教への激しい弾圧が行なわれている江戸時代初期の日本を舞台に、弾圧の中で棄教したとされる師フェレイラの真実を確かめるために日本を訪れた宣教師の姿を描く。