パンと料理の最強タッグを味わう!虎ノ門ブラッスリー「Blanc」の食欲そそる香ばしいバゲット

写真拡大

「パンめぐ」編集長がお届けする12月のマンスリーコラムは、11月に引き続き「めぐりストと巡るパン屋さん特集」や大阪のパン屋さん、また少し変わり種のパン屋さんなど盛りだくさんな内容でご紹介していきます。

鎌倉パン散策!噛むごとに旨味じんわり、“森のテーブル”という名の「ラフォレ・エ・ラターブル」

お料理とパンを楽しめるブラッスリー「Blanc」

第5回目は、虎ノ門駅から徒歩3分程度のところにある、Bakery&Neo BrasserieのBlancです。

そう、ここは普通の街のパン屋さんというワケではなく、お料理とパンを楽しめるブラッスリーなのです。

とはいえ、普通に料理に美味しいパンがついてくるってだけではりませんよ。

パンは「ポワン・エ・リーニュ」出身の和田さんが、お料理は「ル・ヴェール・ヴォレ」出身の大谷さんが担当し、最強のタッグを組んだ料理にあったパンをだしてくれるお店なのです。

こちらには夜にも伺ったことがあるのですが、まずは行きやすいランチメニューをご紹介。

虎ノ門という場所柄、会社員の方が多く、もちろん女性も多いのですが、私が伺った日は男性のグループの方もチラホラと。

彼らはがっつりハンバーグとジャガイモグラタンをオーダーしておりましたが、私は身体が野菜を欲しているのか、ここにくるとついつい、高知野菜のリヨン風サラダばかり頼んでしまいます。

ランチセットをオーダーすると、スープとパンがついてきます(パンのお代わりを希望するならばプラス100円)。

この日のスープは玉ねぎのスープ。

外が非常に寒かったので、程よい塩味がじんわり体中にしみわたりました。

高知野菜のサラダはしっかりお野菜の味を感じられて大好きなメニューの一つ。

かなりなボリュームなのでサラダと言えどもかなり満足度ありです。

一緒に出されたパンは、食パンとバゲットと瓦。

食事にあわせて焼かれるバゲット

食パンは全体的に柔らかく甘いんです。

クラストはさっくりしていながら、とっても柔らかくコッペパンに近い印象。

バゲットはクラムにボコボコ気泡があいているって感じではなく、バゲット自体で主張するというよりは本当に食事にあわせることを考えられたバゲットなのだなと。

そして、私も大好きな瓦。

気持ち酸味を感じるクラムはクセになるし、クラストの香ばしさはこれ単独だけでも食べ続けたい衝動に駆られます。

うふふ・・・実際、パンはもちろんお代わりしてしまいました(笑)。

そして、こちらのブラッスリーの最大の魅力は、パンをテイクアウトすることもできるということ。

お店横のエリアにパンの販売コーナーがあり、先ほど私が大好きだ!と言った瓦もありますし、お店では出されていないパンも置いてあるので、食事をしている時間はないのだけれど、パンだけでも購入したい!という方は虎ノ門界隈に行かれた際に是非寄ってみてくださいね。

Blanc
住所:東京都港区虎ノ門1-11-13 1F
電話番号:03-6273-3164
営業時間:第1、第3土曜日(貸切時営業)、日曜日、祝日[月〜金]7:00〜9:00 11:00〜14:00 17:00〜22:45(L.O.22:15)
[第2、第4土曜日]11:30〜(L.O.1:00)
定休日:第1、第3土曜日(貸切時営業)、日曜日、祝日