1

ビーフ100%の氷温熟成パティを使用したこだわりのハンバーガーを提供する「J.S. BURGERS CAFE」が、2016年12月16日に大阪・梅田に関西初出店しました。J.S. BURGERS CAFE梅田店には大阪名物串カツをイメージした、ソースに漬けて食べるバーガー「WEST SIDE DIP BURGER」が店舗限定で提供されているとのことなので、さっそく食べてみました。

J.S BURGERS CAFE | J.S バーガーズカフェ オフィシャルサイト

http://burgers.journal-standard.jp/

E-MA地下1階にあるJ.S BURGERS CAFE梅田店に到着。



一見、雑貨屋のようなお店です。



しかし、ハンバーガーのメニューが掲げられているため、J.S BURGERS CAFEで間違いなさそう。



店内はオシャレなカウンターや……



4人掛けの席など。通路を挟んで家具・雑貨がディスプレイされている様子を見ながらハンバーガーを食べられるようです。



席を確保してから、レジ前のメニューを見つつ注文します。15時まではランチメニューとして、サラダとドリンクがサービスになっています。



注文するのはもちろん梅田店限定のメニュー「WEST SIDE DIP BURGER」(Rサイズが税別1210円、Lサイズが税別1460円)。関西名物の串カツへのオマージュを込めたバーガーで、特製ソースに浸して食べるとのこと。



ランチのサラダはビュッフェ形式。



ナッツ、J.S.フレンチ、イタリアンと3種類のドレッシングが用意されていました。



サラダを小皿にとりドリンクも到着。



雑貨を眺めつつ、ハンバーガーを待ちます。



約10分ほどで「WEST SIDE DIP BURGER」(Lサイズ)が到着。



iPhone 6sよりは小ぶりです。



「WEST SIDE DIP BURGER」のパティはハンバーグではなくビープパティ・カツ。カツにはたっぷりのジャックチーズがしたたり落ちています。



バンスを持ち上げるとカツの上にローストビーフとキャラメル色に炒められたオニオンがのっていました。



カツの下には紫キャベツがたっぷり。



なお、オニオンリングとピクルスも添えられていました。



テーブルの白い紙ナプキンを広げて……



WEST SIDE DIP BURGERを挟み込むようにして手にとります。



特製ソースは「イカリ レトロソース」がベースのグレービーソースでオニオンがたっぷり。



WEST SIDE DIP BURGERをグレービーソースに浸して……



準備完了。



大口を開けてかぶりつくと、ビーフパティ・カツとグレービーソースの甘みが口いっぱいに広がります。肉厚のカツと柔らかなローストビーフに対して、紫キャベツのしゃきしゃき感が絶妙のマッチング。



大阪の串カツでは厳禁の「二度漬け」もOK。



カツの衣にしっかりとソースが染みこんで、ジューシーさが倍増します。



添えられていたピクルスは酸味が強めで、かなり甘めのグレービーソースのお供にぴったりです。



もちろんオニオンリングも串揚げ状態で食べてOK。



J.S BURGERS CAFE梅田店は、まるで家具屋の中で食事をしているかのような気分になる、不思議な店舗でした。