今年11月末のキャリー・フィッシャーさん (c)Imagecollect.

写真拡大

映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーさんの死に、共演者や監督がコメントを発表した。

キャリーさんは現地時間23日にイギリスのロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機の中で心臓発作を起こし、病院で運ばれたが、現地時間27日の朝、息を引き取った。60歳だった。

キャリーさんの死に『スター・ウォーズ』でハン・ソロを演じたハリソン・フォードはゴシップ誌「Usウィークリー」に「キャリーは唯一無二……素晴らしくて、オリジナルでした。おもしろくて、感情的に恐れ知らずでした。彼女は彼女の人生を勇敢に生きました……私の思いは彼女の娘ビリー、母デビー、弟のトッド、彼女の多くの友人と共にあります。私たちみんな彼女を惜しむでしょう」と表明。ジョージ・ルーカス監督は「キャリーと私は大人になった人生でずっと友達でした。彼女は本当に賢かったです。才能のある女優、ライター、コメディエンヌで、みんなが愛するとてもカラフルな性格を持っていました。スター・ウォーズで彼女は私たちの素晴らしい、パワフルなプリンセスでした。気が強くて、賢くて、ほとんどの人々が思っているよりも難しい、希望に満ち溢れた役でした。私の心と祈りはビリー、デビー、キャリーの家族と友人、ファンと共に」とコメントしている。

また、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルはツイッターにキャリーの回復を願うつぶやきをしていたが、悲報を受けてルークとレイア姫のツーショット写真をアップし、「言葉にならない。#打ちのめされた」とツイート。ランド・カルリジアンを演じたビリー・ディー・ウィリアムズはツイッターに「キャリーが亡くなったニュースを聞いて深く悲しんでいます。彼女は私がとても尊敬して憧れた親愛なる友人でした。今日、フォースは暗いです!」とつぶやき、C3PO役のアンソニー・ダニエルズはクリスマスにキャリーの回復を願っていたが、「ツリーの下でほしいものがもらえたと思っていた。もらえなかった。こんなにたくさんの人からこんなにたくさんの思いと祈りがあったのに。すごく、すごく悲しいです」とツイート。さらにチューバッカを演じたピーター・メイヒューは「失ったことに言葉がありません。キャリーは彼女が入ったすべての部屋で最も明るい光でした。本当に寂しくなります」と悲痛の思いを投稿している。