27日、中国外交部の華春瑩報道官は、中国が外交面で立て続けに成果を上げているとの指摘について、「中国の外交は全面的な展開をする良好な局面を迎えている」と述べた。

写真拡大

2016年12月27日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、中国が外交面で立て続けに成果を上げているとの指摘について、「中国の外交は全面的な展開をする良好な局面を迎えている」と述べた。新華社が伝えた。

米ブルームバーグはこのほど、中国とノルウェーが国交正常化を実現し、モンゴルが今後のダライ・ラマ14世の訪問阻止を約束し、中国が台湾と断交したサントメ・プリンシペと国交を回復したことについて「中国が経済的筋肉を活用し外交上でハットトリックを記録した」などと伝えていた。

華報道官は、こうした報道について「経済的な力で言えば、最大の発展途上国である中国は、経済力が最強の国ではない。だが中国の外交は全面的な展開をする良好な局面を迎えている。これは中国が一貫して平和共存5原則を踏まえ、互いを尊重し、対等に付き合い、協力共栄の精神で世界各国との友好関係を発展させてきたことによるものだ。中国は自らの核心的利益を守る意志と能力がある」と述べた。(翻訳・編集/柳川)