カズレーザーがテレビ局の問題点を指摘「メディアリテラシーが本当にない」

写真拡大

28日放送の「メイプルマナミの極めびと人生相談」(テレビ朝日系)で、メイプル超合金カズレーザーが、テレビ局の問題点を指摘した。

番組では、電子掲示板「2ちゃんねる」創始者の「ひろゆき」こと西村博之氏がゲスト出演し、「ネット上にウソが最近多い」と発言した。例として、DeNAが運営する医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」が不正確な記事を扱ったことなどをあげた。

これにカズレーザーは、テレビ局でも「メディアリテラシー(情報評価・識別する能力)が本当にない」と指摘する。カズレーザーによると、台本に書かれたプロフィールが「ウィキペディアのコピーだったりする」そうだが、ウィキペディアに書いてあることは「けっこうウソなんですよ」というのだ。

しかしテレビ局では、ウィキペディアに掲載された情報の真偽を調べずに参考にするケースが多く、カズレーザーは「毎回訂正するのは、ざらにある」と呆れた様子だった。

【関連記事】
カズレーザー 現事務所・サンミュージックを選んだ意外な理由
安藤なつが「ブランチ」リポーターに反撃 高額家賃を吐かせる事態
カズレーザーがドッキリ企画「ウザイタクシー」の運転手に神対応を連発