「晦日そば 天ぷら【竹】大海老1本付」(税別1690円)

写真拡大

2016年の最後に、思う存分にそばを食べられる。

【写真を見る】今年はそば食べ放題記録の更新なるか

東海地区を中心に展開する和食麺処サガミは、「晦日そば食べ放題」を12月29日(木)から12月31日(土)まで全132店舗で行う。

「晦日そば食べ放題」は、毎月月末に実施している人気企画。年末は1年間の感謝を込めて期間を3日間に拡大し、恒例となっている。

挽きたて、打ちたて、湯がきたての“そばの3たて”にこだわり、全店舗に石臼を設置。毎日、店内の石臼で挽いたそば粉を使用し、風味とのど越しが良いのが特徴だ。

つけつゆは醤油ベースのほか、ごまだれも用意。大海老の天ぷら盛合せに加え、とろろ、なめこ、梅干しなどの複数の薬味が付き、味を変えながら楽しむこともできる。

そば一段の量は約160g。「晦日そば食べ放題」は国内外で行われ、そば食べ放題記録も毎年年末に更新者が生まれている。

「健康長寿」、「家運長命」などの縁起をかつぎ、“細く長く”ということから江戸時代に食べるようになったという説や、そばが切れやすいことから1年の災厄を断ち切る願いを込めたという説がある年越そば。

今年の年末は、石挽そばを満足いくまで食べ尽し、良い年を迎えよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】