tv_20161228102502.jpg

写真拡大

あれっ、もう一人の石川遼選手がいるのかな、と思うくらい良く似ている。プロゴルファー石川の9歳下の弟、16歳の航(わたる)君だ。今年(2016年)は兄を追うように活躍、先週の23日(2016年12月)に関東高校ゴルフ選手権冬季大会で見事に初優勝した。来年(2017年)は高校ゴルフ日本一を目指している。さらなる技術を学ぼうと先日、兄の沖縄合宿に参加した。

「成長しましたねえ。どんどんお兄さんの顔に似てきますね」と司会の夏目三久。「2人のスイングを比べると、さすがの兄弟、そっくりのフォームです。まだ幼いと思っていたのに、兄のライバルにちょっと近づいてきたようです」と石井大裕アナが話す。

去年(2015年)は兄のキャディーを務め話題になった。その時より、体も一回り大きくなったようだ。兄について「練習の姿勢とかもストイックで凄いので、そういう部分も真似したいなと思います」。弟について兄は「一緒に回ってまだ1回もスコアで負けたことがないので、これからはいつ負けるのかという恐怖もありますけど、負けないように頑張りたいと思います」とうれしそうに話していた。

航君は埼玉県の有名な進学校、県立浦和高校の2年生。文芸部に入っているそうで、将来はどう進むのだろうか。