やりたい放題のペットたちに思わず笑っちゃう
 - (C) Universal Studios.

写真拡大

 12月26日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『ペット』が初登場で首位を獲得。『ファインディング・ドリー』の連続首位記録は4週でストップした。

 飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのか。『ミニオンズ』を生み出したユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントによる新作アニメは、ペットたちの裏側の日常を描く。ニューヨークで暮らすテリア系雑種犬マックスは、飼い主ケイティと幸せな毎日を送っていた。ある日、ケイティが大型犬デュークを保健所から保護して連れて帰ってくる。互いに自分が優位に立とうと反発しあっていたが、ひょんなことから2匹は大都会のど真ん中で迷子になってしまう。

 2位に初登場した『スーサイド・スクワッド』はDCコミックスの悪党たちが集結したアクション映画。バットマンやスーパーマンらに逮捕された悪党たちがアメリカ政府の要人に集められ、減刑と引き換えに危険なミッションを遂行する特殊部隊「スーサイド・スクワッド」を結成する。ジョーカー(ジャレッド・レトー)に恋するイカれた美女ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)や、子煩悩な凄腕スナイパーのデッドショット(ウィル・スミス)ら個性的な面々が登場する。

 3位の『X-MEN:アポカリプス』(初登場)は、若きX-MENの活躍を描く『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』のシリーズを締めくくる完結編。「堕落した文明を滅ぼす神」といわれるミュータント、アポカリプス(オスカー・アイザック)は古代エジプトのピラミッドの中に封印されていたが、1983年に復活。核兵器を開発した人類に怒りを募らせ、世界各国から核兵器を葬り、世界を滅ぼして再構築することを企む。

 『ゴーストバスターズ』も初登場で4位にランクイン。1984年公開の大ヒット作の主人公を女性に変えてリブートしたSFアクション映画。コロンビア大学の素粒子物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は心霊本を出版していた過去がバレ、大学をクビになってしまう。そこで彼女は超常現象を研究する幼なじみのアビー(メリッサ・マッカーシー)らとともに幽霊退治の専門会社を立ち上げる。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『ペット』(初登場)
2位『スーサイド・スクワッド』(初登場)
3位『X-MEN:アポカリプス』(初登場)
4位『ゴーストバスターズ』(初登場)
5位『ジャングル・ブック』(2位)
6位『メカニック:ワールドミッション』(初登場)
7位『ファインディング・ドリー』(1位)
8位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(3位)
9位『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(4位)
10位『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(7位)

 今週はレンタル開始となる話題作がない中、『ペット』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)