SM契約恋愛ムービーに大興奮!アメリカの主婦たちにSMブーム

写真拡大

 2015年に公開され、残念ながら日本では大コケしてしまった官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。惨敗の理由は、日本では名の知られていない役者しか出ていなかったからか? はたまた「SM契約恋愛」という過激な内容のため、劇場に行くのをためらった女子が多かったからなのか?

 一方、欧米では「18禁映画史上、最大の成功作」と言われるほどの大ヒットに! その続編となる『フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー』にも欧米ガールズたちの注目が集まっています。

◆原作&映画の影響か?アダルトグッズを買う女性急増!

 英国人作家E・L・ジェイムズの同名小説を映画化した本シリーズは、若いイケメンCEOグレイと奥手な女子大生のアナがSM契約を結び、危険な恋愛関係にずぶずぶとハマっていく様を描いたエロチックムービー。

 アメリカでは原作が出版されるとたちまちベストセラーになり、一時はカフェや電車内はもちろん、病院やオフィスの受付嬢が仕事中に熱心に読んでいるのを見かけたほど。特にアラサー以上の主婦層に大人気で、当時は「読んでいないとママ友との会話についていけない」と言われていました。

 そのブームは、アメリカにおけるアダルトグッズの売上げをも牽引(けんいん)。『PR Web』によると、同業界の全米売上げは原作の影響で2倍に増え、映画公開後にはさらに70%もアップ。アダルトグッズ専門のオンラインショップ「マイベッドルームスパイス My Bedroom Spice」では、映画第1弾が公開された2015年のSMグッズ(ボンテージやムチなど)の売上げが2年前と比べて300%もアップしたそうです。

 さらに本作の影響で、今まで専門店にしか置いていなかったSMグッズが、ドラッグストアやスーパーマーケットでも気軽に買えるようになったりと、米国はまさにSMブームの兆しを見せています。

◆『フィフティ・シェイズ』は女子限定のエロティックファンタジー?

 前作で危険なSMワールドの虜になった欧米ガールズたち、そんな彼女たちが続編『フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー』に向ける関心は尽きることがありません。

『The Hollywood Reporter』によると、9月14日に予告編第1弾が発表されると24時間で1億1400万回も視聴され、ツイッター上には「待ちに待った予告編!」「あと2カ月も待てないわ(泣)」「グレイもアナもセクシー過ぎる」といった興奮気味の書き込みがあふれました。

 かく言う米国在住の筆者の周りにも、前作公開時には初日に劇場まで駆けつけ、2作目の公開を今か今と待ち受けている主婦友がたくさんいます。その年齢層は30代から70代までとさまざま。「アメリカにはこんなにも“隠れスケベ主婦”が多かったか!?」と驚かされます。

 続編が全米公開されるのはバレンタイン直前の2月10日。カップルを狙った興行に思われますが、私の友人たちは「この映画は大好きな女友だちと行くのが鉄則であり、夫や彼氏と一緒に観に行ってエロ気分に火をつけるような代物ではない」と断言します。

 いわく、本シリーズは「女子限定のエロティックファンタジー」。『フィフティ・シェイズ』シリーズは決して男受けするようなものではない→映画は楽しんで観たい→だから女友だちと観に行く→SMプレイは後のお楽しみに取っておく!という思考回路になるそうな。

 女子同士で『フィフティ・シェイズ』を観に行くために、妻たちは夫にちょうど良いアクション映画のスケジュールを調べてあげたり、家で男性が盛り上がるポーカーパーティの準備をしておいてあげたりするとのことです。

「原作や映画を楽しんだ上で、自分もSMプレイを試したいと思うなら、夫や彼氏と話し合って後日試してみればいいじゃない!」。そんな清々しいアメリカ人の主婦友たちの意見を聞いて、文化の違いを痛感する筆者でありました……。

Source:
『PR Web』 http://www.prweb.com/releases/fifty_shades_of_grey/adult_toy_sales_data/prweb13246243.htm
『The Hollywood Reporter』 http://www.hollywoodreporter.com/news/fifty-shades-darker-viewed-trailer-929319

<テキスト/橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)