フリーアナウンサーの宮島咲良が「―年越しクイズサバイバー2016」の感想を語った/(C)テレビ朝日

写真拡大

テレビ朝日系で12月31日(土)夜6時より放送される「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー2016」。フリーアナウンサーの宮島咲良が、初参戦となった収録を振り返った。

【写真を見る】年越し番組にちなみ、宮島咲良は除夜の鐘をつくポーズ!/(C)テレビ朝日

同番組は、くりぃむしちゅー率いる芸能人チーム50人と、林修が率いる知識人チーム25人が、大みそかから元日まで7時間にわたって早押しクイズ合戦を繰り広げる年越しバラエティー特番。3年連続の開催となる今回は、総勢117人が解答者として参加する。

知識人チームの1人として番組に登場する宮島は、'17年の飛躍が期待されるニューカマー。

無類のスーパー戦隊シリーズ好きでもある彼女は、戦隊ヒーローを思わせる真っ赤なミニワンピに、大好きな「秘密戦隊ゴレンジャー」 ('75-77年)のアカレンジャーのフィギュアをネックレス代わりに首から下げるというインパクトのある衣装で番組に参加する。

宮島は「皆さんの知識と早押しのスピードがすご過ぎてびっくりしました! でも、一番びっくりしたのはボタンが重いということ(笑)。私の右手に過去から現在まで40戦隊の力を集めて、とにかくボタンを押すことに頑張りました!」と収録の感想を語る。

クイズに関しては「得意な分野はスーパー戦隊(笑)。でも、アナウンサー出身として先輩たちの恥にならないよう、もっと他のジャンルでもクイズに強くなりたいです」と意気込んだ。

そして「今年は、仕事面で新しくバラエティーにも出させていただき、いろんなチャレンジをさせてもらいました。また、プライベートでは、いわゆる“汚部屋”を番組できれいにしていただき、心機一転、頭はスッキリ、心は前向きになって、お仕事も増えました。

なので、来年はきれいな部屋をきちんと維持して、仕事でスーパー戦隊の役にたってから死にたいと思います(笑)」とさらなる飛躍を誓った。

また、収録を終えたくりぃむしちゅーと林は、自分のチームでキーパーソンとなった人物を発表。くりぃむしちゅーは芸能人チームから2年連続でカズレーザーの名を挙げ、「今年1年、いろんなクイズ番組で大活躍でしたし、今回もやってくれます」と上田晋也はコメントした。

一方、「チームとして戦った」と前置きしつつも林が挙げたのは「あえて言えば新井恵理那さん」。それを聞いた上田は「なるほどね…」、有田哲平も「いろんな意味でね…」と、微妙なリアクションを取る2人。番組で新井がどういった活躍を見せるかにも、要注目だ。