ビザスク社長・端羽英子氏

写真拡大

スポットコンサルティングサービスを提供する「ビザスク」の社長、端羽英子さん。スポットでコンサルティングをしてほしい人と、専門家とをマッチングさせる、日本ではまだ珍しいサービスである。

端羽さんは起業に至るまでに、投資銀行、化粧品会社、留学や投資ファンドなどめまぐるしいキャリアを駆け抜けてきた。出産によるキャリア中断も経験し、現在はシングルマザーとして子どもを育てながら会社を経営している。端羽さんが語る「キャリアの考え方」とは?

■東大生イコール官僚になると思っていた

――最初にキャリアプランみたいなのを立てたのはいつごろですか。

【端羽】私は田舎の出身(編注:端羽さんは熊本出身)なので、大学に入ったときには、東大生イコール官僚になるものだと思ってたんです。あと英語が好きだったので留学はしたいなとも考えていました。官僚になると留学させてもらえるんじゃないかと思っていました。財務省か経産省に行きたいと思っていて、大学3年のゼミも、そういうところに行きやすいのかなと考えて選んだんですが、その後結婚することになる彼に出会って勉強したくなくなっちゃって。留学するなら自分で稼ごうと考えた時に、就職活動をしようと思って外資系や、新規事業を積極的に進めていそうな会社を中心に見ていました。

――官僚とは対極のゴールドマン・サックスへ行ったのには、なにかきっかけがあったんですか。

【端羽】官僚の人たちが大学に来てくれるので、よく話もしていたんです。色々聞いていると、最初からすごく裁量が大きな仕事をさせてもらえるというよりは、徐々に増えていく感じなんですよね。

大学4年生の時にはすでに当時の彼と結婚するだろうなと思っていて、子育てするまでの間に働けるだけ働きたいという気持ちがあったんです。なので、若いうちにできるだけのことをやりたいなと思ったときに、外資系の投資銀行なら最初から配属される部署もわかっているし、手に職をつけることが出来るんじゃないかなと考え、ゴールドマンサックスに決めました。

でも、格好つけずに話すと、大学3年生のときにGSも知らなかったんです。ゴールドマン・サックスだって知らなくて、ガソリンスタンドだと思ってました。新しいことをやっているところがいいなと思っていたので、トヨタ自動車とゴールドマンで迷ったんです。トヨタも新規事業をやっている部署があって、当時オレンジ色の「WiLL」っていう異業種合同プロジェクトを見ていて、新しく事業を作る仕事も面白そうだなと思っていました。

――はい、ありましたね、コクヨとか複数のメーカーが参加して。

【端羽】あれをやっている部署の人とお話して面白そうだと思って、そこで働きたいなと思ったけれど、どの部署に配属されるか入社するまでわからないんですよね。面接の最後のほうは、多分財務かなにかの役員の方だったんですよね。これは自分が興味をもっていた新規事業関連の部署ではなく、財務畑の可能性があるなと思いました。そういった理由から、自分が会社に入った後に何の仕事ができるかわかっているところがいいなって、ゴールドマンに決めたんです。

――ゴールドマン・サックスを選んだときは、どれぐらい先までキャリアプランを立てていましたか。

【端羽】入ったときは何も考えてなかったんです。3年働いて留学できたらいいなとは思ってました。起業したいみたいな気持ちは当時も何となく持っていて、町のケーキ屋さんの経営相談とかができるような、起業というよりは独立したコンサルタントみたいなのになれたらいい、みたいなことを思ってたのを覚えてますね。でも、それでなぜ戦略コンサルに行かなかったのか、今考えると不思議ですよね。

■米国公認会計士取得で、スーパー派遣社員になるつもりだった

――留学をしたいと思ったきっかけは何ですか。

【端羽】生まれ育ったのが田舎だったので、外国の方がすごい少なくて、英語コンプレックスがあったんです。小学生のときに初めて外国の方に話しかけられて、笑って走って逃げる……みたいなことがあって。いまだにそれを覚えていて、その方に申し訳ないし、言葉が話せないのは恥ずかしい、みたいに思っていて。英語は頑張りたいなと考えているうちにだんだん面白いと思い始めたんです。だから、留学したいっていうのは、足りないものを埋めたいという感覚でした。

――そこで何をしたいというよりは、純粋に英語を話せるようになりたいと思っていたんですか?

【端羽】私は、昔からやりたいことをその都度やっていく感じだったので「留学した先でどういう風になりたい」というよりは、単純に「英語を話せるようになるために留学したいし、海外にも住んでみたい。それをすることはプラスなはず」くらいに思っていました。選択をするときに普通は迷うじゃないですか。でも私は、「なにか選択をするために、決断したということがプラスになるよな」と考えています。

――なるほど。将来の高い目標みたいなのがあって、そこから逆算的に考える……というのではないんですね。

【端羽】全然。そのとき面白いことを積み重ねていったらこうなったというか。

――起業家はやっぱりそういうタイプのほうが向いてるんでしょうか?

【端羽】人によって全然違っていて、以前ある女性の起業家の方とお話した時に、「40歳のときのプランから逆算してこういうことをやっていった」とおっしゃっていて、私、すごく反省しましたね。

――というのは?

【端羽】私の場合は本当に単純で、ただ留学がしたかったし、外国に住んでみたかった。自己実現に近いですよね。なりたい自分が英語を話せる自分だった、みたいな。それでゴールドマンに行って、お金を稼いで辞めるつもりが、1年で子どもができて。そのとき、ゴールドマンに残る選択肢もあったんですよね。でも、みんなが夜中の3時まで働いているような会社では、夜10時に帰っても「ごめんなさい」って言わなきゃいけないのが申し訳なくて。私は、ちゃんと自分が求められるものを果たせる環境で働きたいなと思ってて、それはゴールドマンじゃ難しいかもと考えたんです。

それから、何か自分の強みが欲しいと思って、アメリカの公認会計士資格を取ったんですが、そのときも「次にどういう仕事をしよう」とか考えていたわけじゃなくて、「英語と会計があったらスーパー派遣社員になれる」と思ってたんですよね。子どもがいると絶対働く時間に制限があるけれど、英語と会計ができたらどこでも食べていける自分になれるんじゃないのかな、と思ったんです。

■仕事で求められるって幸せなんだ、という感覚を初めて味わった

――子供を産んでから、仕事に復帰しようと思ったきっかけは?

【端羽】試験を受け終えた頃、ちょうど旦那と大げんかをして、そのタイミングで自分のことを見つめ直していたらやっぱりフルタイムで働きたいなと思ったんです。そこで転職エージェントさんと話し始めているうちに、紹介されたロレアルでの仕事が面白そうで、働き始めました。当時、仕事が本当に楽しかったんです。なぜかというと、ヘレナルビンスタインというブランドの予実管理を1人でする仕事で、私の仕事が明確にあって、その役割を誰も外せないという状況だったから。「仕事で求められるって幸せなんだ」という感覚を初めて味わえたんです。

――存在意義みたいな。

【端羽】そうですね。ただ一方で、予実管理したりする経営管理はお金を稼ぐ部署じゃないので、やっぱりお金を稼ぐ方が自分は好きだなと思ってたんですよね。その後、旦那が留学することになったので、自分もついていくことに決めました。

――面白そうだなと思ってやってみて、これじゃなくてもっと他がいいというのは、事前にはわからない、体験しないとわからないことだったんですか。

【端羽】ロレアルの転職に関しては情報が足りていなくて、やってみたらわかった感じですね。振り返ってみると若かったのかなと思います。投資銀行のときもそうだし、ロレアルのときもですが、実際に働いてみないとどうかわからないことって多いなとはやっぱり思うんですよ。

■キャリアの寄り道も全てプラスだった

――今だったら周到に下調べしてから選択すると思いますか。端羽さんのキャラクターだと、やっぱり足が先に出るのかも。

【端羽】足が出る方が早いと思いますね。でも様々な経験を重ねて思ったのは、確かに情報をもっと集めておけばよかったかもしれないけれど、それでもなんとかやっていけるっていう自信はついた気がします。留学でも、アメリカまでついて行っても、実際には現地で1年間主婦をしているんですよね。受験勉強も、行ってみたら思ったよりも試験日が近くて大変で、現地で問題集買って一生懸命やるみたいなことをしていて。特に20代はリサーチ不足が大きかったですね。いろんな失敗もしました。離婚もしていますし、早送りの人生だったなって思います、でも、そこからあとは何とかなっている気がします。実際、今毎日がすごく楽しいです。

――それは寄り道だったのかもしれませんが、実際にはプラスになっていると。

【端羽】確実にプラスだと思います。いろいろやって思ったのは、やらないで後悔したことはあるかもしれないけど、やって後悔したことはないなと。

■起業が失敗しても、キャリア価値は上がる

――それから、帰国して投資ファンドにまたお勤めになって、その後起業されるわけですが、起業を考え始めてから準備にどのくらいかけていたんですか。

【端羽】何となく起業したいなというのは、留学する前から思ってたんですが、留学していた時に出会った起業したいっていう人のレベルが高すぎて、もうちょっと真面目に働いてからのほうがいいかもと思ったんです。ちょうどそのころ離婚も決めていたので、起業する前にまだ自分には学ぶ必要があると考えて企業で働こうと思って投資ファンドに決めました。いつかは起業したいなと思いつつもアイデアが思いつかず、仕事も楽しかったので、なんとなくゆるゆる過ごしている間に5年経って、ちょうどそのタイミングで、この会社でもう一段上を目指すのかそれとも外に出るか、という時期が来た。2011年の年末に、上司から面談でリーダーシップが足りないって言われて、じゃ、起業してリーダシップがあるのを証明する、というようなことを言ってから、実際会社を辞めたのが翌年の7月なので、半年ぐらい準備する期間がありました。

――すると、漠然と起業したいと思ってから啖呵切って辞めるまでの間は割と長かったわけですよね(編注:帰国後、ふたたび投資銀行に務めた端羽さんは、会社から「若手としては優秀だが、リーダーシップが足りない」と言われて、「上が詰まっている会社じゃリーダーシップなんて発揮できません。自分で起業してリーダーシップを発揮します!」と言って会社を辞めた)。計画的にこのスキルを身につけるとか、そういうことはしていたんですか?

【端羽】何もしていないですね、仕事が忙しかったので。「こんなの仕事しながらなんて無理だよ、やるんだったらちゃんと辞めて、本気でやらなきゃ」みたいなのがありました。今となってはもう少しできたことはあったかなと思うんですけれど。起業のための準備は一切していなかったです。

――一見、行き当たりばったりに見えるけれど、決断してからは集中して進めるということですよね。

【端羽】(決断してからは)すごく頑張りますね。まず起業するって決めて、いろいろな本を読み始めていろんな人に会い、一生懸命自分でプランを作って。人に会っていくうちに今のビジネスモデルができたので、起業すると決めてからはすごく集中してやったような気がします。

――そのあたり、端羽さんのキャリアは逆算型じゃなくて積み上げ型ですよね。

【端羽】そうなんです。もしかしたら遠回りかもしれないし、失敗するかもしれない。でも、失敗したらもう一回やり直せばいいじゃんと思うので。起業するとき、やらない理由が見えなくて。この世の中で新規事業をやろうと思っても取り組めた人はそんな多くないから、万が一失敗しても絶対私のキャリアの価値って上がると考えてますし、投資ファンドの仕事にも戻ってこれると考えたときに、何もリスクはないなと思ったんですよ。別にとんでもない借金を背負ってやっているわけでもないし。そう思ったら、チャレンジすることにマイナスは見当たらなかったという感じですね。

■ポジティブさは謙虚さの裏返し

――端羽さんのキャリアを支えるものとして、底抜けのポジティブさみたいなのがあると思うんですけど、それは生まれつきのものでしょうか。

【端羽】そうですね、昔からポジティブだったかもしれない。

――それは起業家としてものすごい重要な要素な気がします。

【端羽】ポジティブとも言うし謙虚でもあると思うんですよ。1年間ぐらい凪のように何もなかった時期っていうのがあったんですけれど、「このビジネスがうまくいかないわけない。単純にやり方悪いだけだから、もっと学ぼう」と思っていました。うまくいかないのはやり方が悪いんだけ、学びが足りないだけ。だから、もっと頑張ったら結果はうまくいくはず、っていう謙虚さ。ポジティブさは謙虚さの裏返しなんじゃないかなって。

――ちょっと意地悪な質問ですが、リーダーシップが足りないって言われて、起業すると啖呵切ったときには、謙虚さは出なかったわけですよね。

【端羽】確かに。でも、謙虚だからこその選択だったかもしれません。上が詰まった組織では、リーダーになるのは難しいなと。今の環境でこの人たちをいきなり超えるのは難しいなと思ったんです。人って自分がリーダーになれる環境を選べるはずですよね。だからこのタイミングで自分でやるかと。

――基本みんなポジティブですよね、『起業家のように考える。――ゼロからはじめるビジネス成功の方程式』に出てくる起業家の人たちは。

【端羽】そうですよね。でも、相談しにいった起業家の方に「そんな楽しそうに起業するなんてありえない」って言われましたね。「もっと、死ぬかもと思いながら頑張れ、楽しいと思ってちゃダメなんだ」って怒られました。

――そういう方は、もっとすごい未来を見ているのかもしれませんね。

【端羽】私はあまり未来が見えてないんですよね。積み上げた先に何かが見えてくると思うから。

――ひょっとしたらビジネスマンにとって、真似できるのは端羽さんのような方の話かもしれません。未来志向でサービスを開発していく人たちもいますけど、なかなか真似できない。天才エンジニアとか発明家みたいな話になっちゃうので。

【端羽】私は天才起業家とかじゃなくて、コツコツ真面目に積み上げていくみたいな感じですね。

――それはそれですごいと思うんですけれど、そっちのほうがまだ真似できるというか、普通のビジネスマンでもできそう。

【端羽】だって、普通のビジネスマンだと思ってますよ、自分のこと。起業家って自分で言うのが照れちゃうぐらい、起業家だと思っていない。確かに「業」を「起」こしたような気はするけど。例えば、スマートニュースやメルカリのようなプロダクトを目指す人に比べると、自分はビジネスは生み出しているけど、プロダクトを生み出しているかというと、まだまだと思いますね。

----------

【編集部より】端羽さんがどのようなキャリアを経て、ビザスクの起業に至ったのかについては、田原総一朗氏がじっくりインタビューしています。端羽氏とビザスクについて、詳しくは書籍『起業家のように考える』をお読みください。

----------

(村上 敬=聞き手 細谷滝音=構成)