12月29日(木)放送のドラマ「恋するJKゾンビ」に出演する白洲迅

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョン年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】白洲迅は自身の制服姿について「まだまだイケるなって思いました」

第5回は「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(フジテレビ系)や舞台「花より男子 The Musical」に花沢類役で出演するなど、12月29日(木)放送のドラマ「恋するJKゾンビ」(テレビ朝日系※一部地域を除く)に出演する、Next Generation Star・白洲迅が登場!

「恋するJKゾンビ」の撮影秘話や、俳優デビューしたきっかけなど、たっぷりと語ってもらった。

――まずは「恋するJKコンビ」に出演された感想を教えてください。

純粋に高校生役をやれたことが楽しかったし、うれしかったです。今年24歳なんですけど、制服を着られるのは楽しいです。学生役は青春を追体験できるので(笑)。

相手役がゾンビですが、特殊メークとかリアルになっているので、そこも一つの見どころだと思います。それに、単純にラブコメとしていい作品になりました。

――白洲さんに関してはラブコメ要素しかないですもんね。

そうですね。ゾンビになるわけじゃないので(笑)。幼なじみの男女ともう一人の真壁(山本涼介)とのちょっとした三角関係、美園(佐藤玲)もいて四角関係ですね。そういうラブコメの王道なやりとりもありますから。僕はそういう分かりやすいラブコメに出るのが初めてだったので、それも新鮮でした。

――キュンキュンするやりとりもあったと思うんですけど、特に印象的なシーンはありますか?

お姫様抱っこはなかなかしたことがなかったので、よく覚えていますね(笑)。実は抱っこしたとき、周りの人から「お姫様抱っこうまいね!」って言われて、いやこれにうまいとかあるのかなと思いましたけど(笑)。

シーン的には単純にキュンとしたというか、演じていて恥ずかしくなるというか、芝居上でリアルに照れちゃうような感じも山本舞香ちゃんと一緒に出せたので、すごく良かったんじゃないかなと思っています。

――お姫様抱っこの経験はあるんですか?(笑)

経験ですか!? 作品内でやるのは初めてだったんですけど、学生のころふざけて友達とやったような気がします。

――演じられた十吾のキャラクターはどう分析されますか?

十吾は結構素直じゃない部分もあるんですが、そういうところは割と自分に近いものを感じながらやっていました。

――逆に自分とは違うなという部分は?

そんなに違う部分は感じなかったですけど、幼なじみとの恋ってなかなかないですよね。幼なじみの異性とずっと好き同士でいるって、王道のシチュエーションではありますけど。実際やってみて憧れましたし、こういう関係性が本当にあったらいいなあ〜って思いました(笑)。

――そんな幼なじみを演じた山本舞香さんの印象はいかがでしたか?

彼女は終始にぎやかでしたね。衣装合わせで初めて会ったんですけど、僕は割と人見知りというのもあって、いつもは最初に人との間に壁を作りがちなんですけど、しょっぱなからそれを軽く飛び越えてきてくれたので、逆にすごくありがたかったです。

撮影自体も4日間という短い期間で撮らないといけなかったので、距離感は絶対大事になってくるだろうなって思っていて。だから相手役が舞香ちゃんで本当に良かったなと思いましたね。

――結構グイグイくる感じですか?

そうですね。でも、途中、聞いてみたら、彼女も普段は全然そんな感じじゃないらしいんですよ。今回は主演ということもあって、意識的にやってくれたのかなって、終わってみて思いましたね。

――恋敵の方の山本さんはいかがですか?

涼介も似たような感じで人見知りなので、最初はお互い間合いを取りながらやっていましたけど、舞香ちゃんがいたからすんなり仲良くなれました。舞香ちゃんと涼介はもともと知り合いで仲が良かったらしく、その2人と美園役の佐藤玲ちゃんと4人でずっと一緒にいて、短い間だったけど独特の空気感が作れて面白かったです。

――あらためて、ご自分の制服姿はいかがですか?

まだまだイケるなって思いました(笑)。制服は着られるだけ着てやろうって思っていますから。まあ、今でも気持ちは高校生のまま変わっていないですよ。

――先生役のLiLiCoさんはかなりのインパクトがあると思いますが、いかがでした?

メークを含め衣装もすごいし、ネイルもすごいし、まず外見のインパクトがすごかったですけど…第一にLiLiCoさんの持っているパッションがすごかったです。僕はLiLiCoさんがゾンビになったところまでは見てたんですけど、ゾンビになってから襲いかかるシーンとかは控え室にいて見られてなかったんです。

でも、遠いところで撮影してるはずの現場から、LiLiCoさんゾンビの「ギャー!」って叫び声が聞こえてきてかなりビックリしました。

――ガラッと変わりますが、あらためてこの業界に入られたきっかけは?

きっかけは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募したことです。よくある話なんですけど、親の友達に毎年「受けてみなよ」と言われていて、高校2年生のときに母親に写真を撮られたんです。でも、その時僕は全く興味がなかったし、人前に出るのが苦手だったので、イヤイヤだったんですけど応募されることになって。

結局ファイナルの一歩手前のベスト30で落ちちゃったんですけど、落ちたら落ちたで悔しくて…。そこからこの業界に入りました。

それで、初オーディションがミュージカル「テニスの王子様」だったんですけど、出演することが決まって、「何だこれは…」みたいな(笑)。舞台のイロハも知らなかったので、ガムシャラにやっていた感じです。

――続けて行く中で心境は変わりましたか?

途中で悩んだ時期もありましたが、性格的に真面目な部分があって、投げ出したくなかったので自分で納得できるまで向き合いました。やっていく中で、楽しさだったり、やりがいだったりを見いだしたからこそ、今もブレずに続けています。

最初がテニミュじゃなかったら、何となくやってフェードアウトしていたと思うんですよ。だから、出会いがテニミュで良かったなと思います。ある意味、転機だったんでしょうね。

――最近ではメインキャストとしてドラマや映画に出ることも増えてきたと思うんですけど、周囲の反響はどう?

分かりやすく突然連絡がくるとか、そういうことは増えてきました(笑)。それだけたくさんの人に見てもらえているってことかなと、ポジティブに捉えられているので、すごくうれしいですね。

――俳優生活を振り返って見て、手ごたえはどうですか?

最初は右も左も分からない状態で、とにかく目の前のことを必死に頑張ってきたのですが、それから比べるとちょっと上がってきたかなと思っています。単純に視野が広くなってきたかなというのは、ここ一年くらいですごく実感しています。

――昨年お話を聞いたとき、「殻を破った年になった」と仰っていましたが、'16年はどんな年でしたか? 特別印象に残ったお仕事はありますか?

最近まで撮っていた「キャリア」というドラマは、初めての刑事役というのもあったし印象に残ってますね。役柄的には、スマートで格好良い感じで、見え方も意識しないといけなかったのですが、その時に主演の玉木宏さんの立ち居振る舞いがとても勉強になりました。いつ見ても格好いいんですよ。

いい意味で隙がないというか、そういうのも大事だなと思いましたね。

もちろんイケメンって感じだけに凝り固まったらいけないなとは思ったんですけど、そういうのもやっぱり必要だなと感じましたね。

今年の頭にやった“花男”では、花沢類役だったので、そういう意味ではちゃんと格好いい人の見せ方を大事にしないといけなかったのですが、まだまだ全然それは足りていなく、これからも磨いていかないといけないなと。

――今回の「恋するJKゾンビ」でもちゃんと格好いい感じですしね。

そうそう。今まではそういう役をやらせていただくことが、あまりなかったので。今年はそういう年だったのかなと思います。

――それを受けて、'17年の抱負は?

'17年になったといっても基本的にやることは変わらず、コツコツしっかり積み重ねていく年にしたいなと思っています。ちょっとずつじゃなく、着実に、どんどん積み重ねていきます。

――最後に「恋するJKゾンビ」の見どころをお願いします。

タイトル通り「恋するJKゾンビ」なので、ラブコメっていうくくりではあるんですけど、ゾンビのクオリティーが本当に高いので、まずそこに注目してもらいたいです。あとは、ラブコメ要素として、幼なじみとのムズがゆい感じも楽しんでもらいたいですね。

僕はこういうストレートなラブコメには、きちんと出演したことなかったので、ぜひ楽しんでいただきたいなと思います。青春とゾンビというギャップもすごいので、いろいろな方が楽しめると思います!