ありえねぇっ! 男性がドン引きした「ゆとり世代の女子」6選

写真拡大

のんびりしたマイペースのイメージがある「ゆとり」世代。職場でゆとり世代と仕事をしたり、仕事以外で知り合う人の中にも「ゆとり世代」は多いですよね。そこで今回は「ゆとり世代の女子」に引いた経験について、社会人男性のみなさんに教えてもらいました

■怒られてもケロっとしてる

・「怒っても反省の色が見えない。仕事中に普通にLINEとかしてる」(33歳/その他/事務系専門職)

・「先輩の男性社員に怒られたあともケロッとしていて、反省の態度すら感じられなかった」(37歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

どんなに怒られても受け流し、仕事中なのにプライベートのLINEをしていたら、周りからそう思われてもしょうがないかも。ある意味打たれ強いのかも。

■指示があるまで動かない

・「指示があるまで何も自分から動かない」(32歳/通信/事務系専門職)

・「何かを頼まないと何もしない。自分から何も動かない」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

自分から率先して動くのではなく、指示を与えられるまで何もしないのは、先輩の立場からすると歯がゆいところ。自分で仕事を見つける積極性がほしいところです。

■仕事相手も友だち感覚

・「初対面でいきなりなれなれしくタメ口を使われた」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「かなり年上の男性社員に対して、あだ名で呼んだり、友だち感覚でしゃべる。あり得ない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

初対面の相手や自分より年上の先輩に対して、タメ口やあだ名で呼ぶのはちょっとびっくりしますよね。先輩社員からすると評判はよくないようです。

■謝罪はメールのみ!

・「ミスしたときの謝罪をメールでしてくる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「謝るときのメールに絵文字などを使っている」(36歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

仕事でミスをしたときは、迷惑をかけた人にその場で謝罪をするもの。でもその謝罪をメールでされると、引いてしまいますよね。メールに絵文字などが入っていたら、謝罪の気持ちが伝わらなさそうです。

■休みの連絡はLINE

・「休みなどをLINEのスタンプなどで終わらす」(33歳/その他/販売職・サービス系

・「平気で遅刻してきたり、LINEで連絡をとってきたりする人」(30歳/情報・IT/その他)

急病などで会社を休むときは、電話で上司に連絡をしますよね。でもLINEで休みの連絡を入れる人もいるようです。平気で遅刻してくるのもよくありませんよね。

■仕事があっても定時で帰る

・「仕事が残っていても、定時になると何も言わずに帰ってしまう」(34歳/電機/技術職)

・「定時きっかりに帰る。それはいいが、勤務終了時間だいぶ前から帰り支度をする」(39歳/医療・福祉/営業職)

仕事が終わっていれば定時で上がっても問題なさそうですが、終わらないのに定時で帰られるとまわりの人にその負担がかかってしまいそうです。

■まとめ

男性が「ゆとり世代の女子にドン引きしたエピソード」について、さまざまな意見が寄せられました。びっくりしてしまうことも多いようですが、悪気がない場合は指導してあげることも必要なのかも。ゆとり世代だからといってひとくくりにするのではなく、それぞれの個性を尊重することも必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日〜11月10日
調査人数:406人(22歳〜39歳の男性)