ダイソンの空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool Link」は、スマートフォンでも機器操作ができるほか、部屋の空気の状態がどの程度きれいになっているのか分かるようになっている。こちらを試したレポートを紹介しよう。

身近なIoTデバイスとして動作するファンヒーター

「Dyson Pure Hot+Cool Link」(以下、Hot+Cool Link)は、空気清浄機能付きファンヒーターだ。温度設定は1度〜37度まで設定できるほか、首振りさせるのか、固定で使うのかを決めることができる。

これ以外にも、パワフルな風を遠くまで送る「フォーカスモード」と、周囲の空気を混ぜ合わせながら広範囲に風を送る「ワイドモード」が選べるようになっている。

このように紹介していくとごく普通のファンヒーターに思えるが、Hot+Cool Linkの一番の特徴は、こうした操作がスマートフォン経由で行えること。リモコンのように扱うと言うよりも、Hot+Cool Linkを家庭内のネットワークに接続して、インターネット経由で操作できる、いわゆる「IoTデバイス」として振る舞うことができるのだ。

このため、外出先から帰宅する前に、スマートフォン経由で暖房をONにするといったことも可能。

自宅のネットワークに参加させるのは簡単で、操作するアプリである「Dyson Link」をダウンロードしたら、それを起動してアカウント登録を行う。登録にはWi-Fiルータが必要だが、WPSでネットワークに追加するように、自分のネットワークを指定したら本体にある電源ボタンを長押し、あとは製品を自宅のWi-Fiに接続して、製品に名前を付ければ終了だ。特に難しい工程はない。

なおWi-Fiだが、IEEE802.11b/g/nに対応。IEEE802.11a/acには対応していないので注意が必要だ。ただしそれほど多くの情報をやりとりするわけではないので、acレベルの速度は必要ないだろう。

 

離れていてもアプリで室内環境をコントロール

Dyson Linkアプリで操作できるのは、電源のオン/オフ、風量の調整、温風か涼風か、設定温度、首振り/固定の選択、ワイド/フォーカスモードの設定、スリープタイマー設定、ナイトモード設定の8項目だ。

 

Dyson Linkアプリでは細かな設定が可能だ(左)。変更したい項目をタップするとメニューが表示される(右)


 

運転中は本体下部に設定温度などが表示される


 

家の中だけじゃなく周辺の空気レベルまで表示

Dyson Linkのホーム画面では、家の中の“空気質”がどのような状況なのかを示してくれるほか、動かしている地域(東京、など)を設定すれば、空気の汚染状況がチェックできるサービス「BreezoMeter」のデータから、屋外の空気質がどのレベルになっているのかを教えてくれるようになっている。

なおここで言う空気質だが、レベルが0〜9の「要注意」、20〜39の「とても汚れている」、40〜59の「汚れている」、60〜79の「やや汚れている」、80〜100の「きれい」の5段階で表示される。室内の空気質についても同様だ。

製品の場所を登録する(左)と、部屋の中の状況だけでなく、外の空気質について色分けで教えてくれる(右)


 

測定した室内の空気質だが、どのようなレベルで推移したのか、グラフで見ることができる。その日1日の状態を示す「日ごと」と、1週間での出来事について参照できる「週ごと」の2種類が選べるようになっている。

リビングに設置してテストしていたのだが、人が増える朝方のほか、掃除などをした午後、食事に再び集まる午後7時頃に空気質が下がっているのが分かり、興味深かった。人が多く移動するので部屋にホコリが舞ったのであろうか。

空気質については、どの程度のレベルまできれいにするのか設定が可能。花粉症やハウスダストに対するアレルギーがある場合は、「ホコリや花粉にとても敏感」などと設定しておく方がよいだろう。

なおアプリのガイドラインでは、屋内が「とても汚れている」で、屋外が「きれい」の場合は窓を開けて空気を入れ換える方がよいとされているが、テストしたのは東京なので、もちろんそんなことはなく、屋外の空気質が「きれい」になることはなかった。

週ごと(右)と日ごと(左)の空気質を記録することができる


 

空気質の目標値を設定することが可能(左)


 

動作スケジュールを設定可能

Dyson Linkではこのほか、動作するスケジュールを決めることができる。動作開始時刻と終了時刻をその日ごとに設定することが可能なほか、温風/涼風/ワイド/フォーカスなど、動作開始時の状態まで細かく決められるので、週の行動スケジュールに応じて設定してもよいだろう。

設定画面にある「スケジュールの追加」からスケジュール設定ができる。設定したい曜日をタップして、開始および終了時刻を決めていけばよい


 

今回テストしたのは1週間程度の短い時間であったが、部屋の空気質が常にモニターできるというのは興味深かったし、何よりも便利なのは、外出先からも状態を参照して、本体をコントロールできるところ。現在はデータを蓄積して、閲覧するだけだが、データと連動して自動的にHot+Cool Linkが動き出すようになれば、ユーザーが意識せずに快適な住空間を維持することもできそうだ。

Dyson Pure Hot+Cool Link 
価格:¥78,724(税込み)

筆者:Koichi Imafuji