乃木坂46・秋元真夏、北野日奈子、堀未央奈の3人を直撃!2015年「紅白」の裏話を告白/撮影=カノウリョウマ/取材協力=マイ ハウス レンタル

写真拡大

2016年の乃木坂46は、11月にリリースされた16thシングル「サヨナラの意味」で初のミリオンを達成したほか、アンダーメンバーによる全国ツアー完走、2年連続2度目の「NHK紅白歌合戦」出場など、名実ともにトップアイドルとしての地位を確立した。今回は、その勢いを象徴するかのように活動の幅を広げる秋元真夏、北野日奈子、堀未央奈の3人を直撃。この一年間の活動を振り返りつつ、12月31日(土)放送の「第67回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)への意気込み、2017年の目標を語ってくれた。

【写真を見る】秋元・北野・堀の3人はコタツでゆったりしながら、2016年をプレーバック!/撮影=カノウリョウマ

――今回の紅白歌合戦が2回目の出場となりますね!

秋元:一度経験した舞台に立つわけですから、去年よりもいいパフォーマンスをお見せしたいと思っています。

北野:真夏さんと私は、去年ちょっと反省しなきゃいけないことがあって(苦笑)。

堀:でも、それは全員あると思うけどなぁ。

秋元:そうなんだけどさ。去年は何もかもが初めてだったでしょ。私、緊張しすぎてリハーサルの時点で号泣したんだよ。今回はもうちょっと余裕をもって視野を広くしたいなと思って。

――2015年の本番では納得のいくパフォーマンスができましたか?

秋元:それが…本番のステージで踊っているときに、たまたま正面にカメラがくるタイミングがあったんです。その瞬間、「本当に紅白に出てるんだ!」ってうれしくなっちゃって、いつも通り、ものすごい笑顔を見せちゃったんですよ。

北野:普段なら笑顔で踊るのはいいことなんですけどね。

秋元:そうそう。私たちが歌った「君の名は希望」は、笑顔全開で歌う曲じゃないので…。今年はその辺も含めて、もう少し冷静でいたいと思います。

北野:私もすごい緊張しちゃって、何日も前から「多分、やらかすだろう」って噂されてたみたいで(苦笑)。

堀:誰もそんな風に思ってないよ!

北野:え〜でも、スタッフさんとかにそう言われたよ(笑)。リハの前に。で、実際にやらかしちゃった…(苦笑)。

秋元:そうなの? あんまり気づかなかったけど。

北野:あの日のパフォーマンスって、いつも以上にひとつひとつの動きをしっかりと固めたじゃないですか。「この時の足はこう!」「ここでの腕の角度はこれぐらい!」って。

堀:そうだったね〜。

北野:ちゃんと体に入れたつもりだったんだけど、本番になるとやっぱり緊張するでしょ。それで、よくわからないタイミングで腕を下ろしたりしちゃったの。本番は文字通りガッチガチだったなぁ。

堀:たしかに緊張しすぎな顔してたね(笑)。

北野:でしょ! 私のポジションは端っこだったから、司会の方がしゃべっている時に見切れてたの。後で映像を見たら、自分の顔が硬直しすぎてて爆笑しちゃった(笑)。

秋元:自分で爆笑って、相当だね(笑)。

北野:本番が終わるとそんな風に冷静に見れるんですけどね。私も真夏さんと同じように、今回はもうちょっと余裕をもって、あの空気を楽しみたいです。未央奈はどうだった?

堀:2期生も出させていただけたことは本当にありがたかったんですけど、ポジションとかに関しては少し悔しい気持ちもあったかな。

秋元:私たちポンコツと違って、一段階上の悩みだね〜。

堀:そんなことはないんですけど、やっぱり親戚とかみんなが見てくれる番組じゃないですか。そこで、「大勢いたから見つけられなかった」って言われちゃうのはやっぱり悔しいので。その思いをぶつけながら一年間活動してきたつもりです。今年の紅白では、私個人としてはもちろん、乃木坂46が今できる最高のパフォーマンスをお見せします!

――2016年はグループとしても、個人でも大忙しだったと思いますが、漢字一文字で表すとどんな文字になりますか? ちなみに、以前、週刊ザテレビジョンの取材では、生駒里奈さんが“挑”、齋藤飛鳥さんが“忘”、橋本奈々未さんが“恩”と答えてくれました。

秋元:なるほど〜。ちょっと生駒ちゃんと近いかもしれないですけど、“攻”ですかね。バラエティー番組を中心にひとりでのお仕事が増える中で、いつも“攻めの姿勢”を忘れないように心がけていたので。ずっとテレビで見てきたすごい方たちの間で自分の個性を出すのはやっぱり難しいですね。頑張って個性を出し過ぎても乃木坂らしくなくなっちゃうので、自分の言動には常に「“乃木坂フィルター”をかける」ことを意識しながら活動していました。

北野:すごい! 深いですね。

秋元:そんなことないよ。攻めながらフィルターをかける…この一年は、そんな姿勢を貫けたんじゃないかなって。

堀:やっぱり真夏さんはすごいなぁ。私の2016年は“楽”です。個人的に辛いこともあった2015年を乗り越えて、「もっとこうしたい!」と考えていたことが実現できた一年でした。今まで以上に仕事を“楽しめた”かなと。私はすごく好奇心が旺盛なんです。だから、いつだって「やったことがないこと」に挑戦したいと思っています。そんなチャレンジもたくさんできました。

北野:充実してたんだね〜。私は“選”にします。ストレートに“選ばれる”っていう意味です。乃木坂の活動では、シングルだけじゃなくて、いろんな場面で人数とかで区切られることが多いんですよ。今までは「当てはまらないほうに区切られる」「選ばれない」という感じの私でした。でも、「どの位置で何をしたいのか?」ってずっと考えながら活動してきた結果、夏にリリースされた15thシングルで2年半ぶりに選抜メンバーに選んでいただけました。16thと2作連続で選ばれたのも初めての経験です。「とにかく選抜メンバーに入る」という目標は達成できましたけど、今の選抜メンバーは10回以上選ばれてきた人たちがほとんどなので、力の差は感じています。まだまだここからです!

――では、最後に2017年の抱負を教えてください!

堀:3期生が入ってきて、私たち2期生は先輩という立場になりました。今までは「1期生の先輩と一緒に」「先輩から学んで」って言われながら活動することが多かったんですけど、今後は私たちがその“先輩”の部分に当てはまるような活動をしなきゃいけないと思っています。むしろ何期生とかは関係なく、「“私たちの世代”が引っ張っていくんだ!」という気持ちでいたいですね。

北野:本当にそうなんだよね。そういう自覚がないとダメだと思うんだ。私には「選抜に入る」という目標があったけど、まだ満足はしていないし、「今の活動の中で何が足りないか?」を常に考えていたいの。1期生の先輩たちに甘えてちゃダメだし、選抜に入ったからってそれがゴールじゃない。2017年も相変わらずポジションにこだわりながら、いろんな面で自覚を持ちながら活動します!

秋元:2人とも本当に頼もしくなりました(笑)。1期生の私としては、まず2月にななみん(橋本奈々未)の卒業があるので、「この仕事をやってよかった」「楽しかった」って感じてもらいながら送り出してあげたいですね。そのためには、私たちが何かをするより、16thシングルでセンターを務めるななみんのペースに乗っかるっていうのもアリなんじゃないかと思っています。あとは、3期生と一緒に活動を広げていく機会が増えるので、かわいい後輩たちが前に進んで行けるように道筋を作りたいです。多くの経験を積ませていただいてきた私たちには、自分の活動を充実させながらもそういう配慮をしていく必要があるはずですから。「グループ全体のことを考えながら―」という言葉を、今まで以上に重く感じている今日この頃です。

取材・文=大小田真