好きな人ができると女性は一直線。
1日でも早く彼氏をつくりたくて必死になる人も多いのでは? しかし、あまりにも必死すぎて相手のペースを乱すほどガツガツとしているなら、それはちょっと問題あり……。恋愛経験値が圧倒的に少なかったり、なかなかモテない女性に限って、的外れな行動をとりがち。そろそろ本気で恋愛対象としてみてもらえるように方向転換しましょう。
そこで今回は、モテない女がしているNGアプローチをご紹介いたします。

LINEを中心に攻める

モテない女性に限って、なぜかLINEで攻めようとする傾向があります。彼とは何度も直接会う機会があるのに、LINE上で距離を縮めようとするのです。しかし、一番効果的なのは直接アプローチすること。なかには、彼の興味をこちらに向かせようと、人生相談をLINEでする人がいますが、これは完璧にNG。
そもそも、ただでさえ男性はLINEやメールをこまめにすること自体に抵抗をもっているといわれています。いきなり人生相談をされても、正直戸惑ってしまうでしょう。LINEとはいえ、あくまでも空気を読みながらコミュニケーションをとりましょう。

セクシー路線に走りがち

ようやく念願叶って彼とのデート。あまりにも気合いが入っていて空回りしていませんか?
自宅を出る前に、もう一度、全身鏡で全体をチェックしましょう。なぜかモテない女性に限って、タイトなスカートを履いたり、やたらと肩やデコルテラインをだしたりと、ファッションやメイクがセクシー路線に走りがち……。
たしかに色っぽい服装に目がとまってしまいますが、そんな彼女と一緒に歩きたいかといわれると、おそらく事情は違うはず。付き合う前からセクシー路線に走ると、本命としては認めてもらえず、いつまでもデートするだけの中途半端な関係が続く可能性も……。

付き合う前からスキンシップを求める

男性に対して必要以上にスキンシップをしていませんか? たしかにたまたま触れてしまった瞬間はドキっとしますが、あくまでもそれは「偶然」だから。
あからさまに彼にベタベタしていると、相手が賢い男性ほどスキンシップを求めるあなたを「軽い女」とみるでしょう。もし、付き合う前からスキンシップをして彼が喜んでいるなら、しょせん、その程度の男にすぎないのです。
あくまでも告白されていない以上は、スキンシップは禁止。メリハリをつけながらアプローチをしないと、結果に結びつかないでしょう。

いかがでしたか?
彼氏がいない現状に耐えられないからといって、無茶苦茶なアプローチをしていませんか?
空回りしているなら、一度、立ち止まって振り返る勇気が必要。アプローチ方法を見直すだけでも、成就する可能性は高くなりますよ!