<選手権フォーカス>【帝京長岡】完敗を糧に成長 タレント揃う、一体感を掴み上位へ

写真拡大

 3年ぶり5回目の選手権出場となる新潟県代表の帝京長岡は、2年生にタレントをずらりと揃え、その脇を1年生と3年生がバランスよく支える。

 守備面では、安定感抜群のGK深谷圭佑、澄川広大と石川悠の2年生CBコンビが中心となり、右サイドバックに期待の1年生・小泉善人、左サイドバックはフットサルU−19日本代表にも選ばれた齋藤日向が抜群のテクニックと存在感を放つ。

 攻撃は正確無比な左足のキックを駆使して、攻撃をコントロールするアンカーの安田光希とゴール前で多彩なアイデアを発揮するエースストライカー・陶山勇磨の2年生が中枢を担う。その2人と絶妙なコンビネーションを見せるのが、相手DFの間隙を巧みに突いてゴールを奪い取るFW楜澤健太と、アルビレックス新潟所属の兄・小塚和季譲りのボールコントロールに秀でたMF小塚祐基。イメージを共有させながら、古沢徹監督が掲げる「ポジションに捕らわれず、自分たちの距離感を大事するコンセプト」に沿って、リズミカルな攻撃を構築する。

 インターハイでは初戦で敗れ、プリンスリーグ北信越もライバルの新潟明訓に次いでの2位。プレミアリーグ参入戦では初戦で浦和レッズユースに0−4の完敗を喫するなど、全国レベルの力を有していながらも、望んだ結果を出せていない。古沢監督は「浦和戦での4失点は大半が些細なミスからだった。これまでは些細なミスをしても、1失点でしのげていたところが、トップレベルの相手だと2点、3点とどんどん失点を重ねてしまう。完膚なきまでに叩かれて、改めて選手たちはサッカーの怖さを知ることができた。もっと攻め切る攻撃の迫力を出さないと全国では勝てない。選手権に向けて一つの指針ができたことは大きかった」と振り返り、チームの変化に成長を見出している。

 浦和戦後、選手権出場校との練習試合では危機感を持った選手たちが機敏なプレーを見せ、勝利を掴みとった。タレントは揃うチームだけに、手綱を締め直したことで、さらにチームとしての一体感が芽生えた。四国の強豪・徳島市立との選手権初戦を制し、一気に上位に食い込んで行くため、掴んだ一体感を全国の舞台で示す。

取材・文=安藤隆人