『トゥー・ラビッツ』 ©2011 WMIX DISTRIBUIDORA LTDA. TODOS OS DIREITOS RESERVADOS.

写真拡大

映画『トゥー・ラビッツ』が2月18日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(9枚)】

同作はブラジルのアルフォンソ・ポイアルチ監督によるデビュー作。ブラジル・サンパウロを舞台に、ポルノ鑑賞とテレビゲームに明け暮れるエヂガールが、極悪非道のギャングであるマイコンの金を奪うと同時に汚職政治家を懲らしめる計画を企む様を描くアクション映画だ。ブラジルの『アカデミー賞』とされる『ブラジル映画大賞』で3部門を受賞しており、既にハリウッドがリメイク権を獲得している。

なお、ポイアルチ監督は監督2作目となる『Solace(原題)』でハリウッドデビューを果たすことが決定。同作にはアンソニー・ホプキンス、コリン・ファレルらが出演する。