1年で最初の『初きゅんデート』は初詣で!初詣の思い出調べました

写真拡大



こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。年が明けると、まずは初詣に行き「今年こそ彼氏ができますように」「受験成功しますように」とお参りをする日本人は多いですよね。そんな『1年で最初のイベント』とも言える初詣で、気になる彼と『初きゅんデート』ができたらなぁ…なんて思っている人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、初詣の思い出について調べてきました。

■1.待ち時間にたくさんお話

「学生時代、当時憧れていたバイト先の先輩と。バイト中はゆっくり話せなかったけど、長蛇の列をゆっくり話できて、知らなかったことたくさん知れた!」(23歳/医療・福祉)

人気の場所に行くと、お参りするまでにかなり時間を要することありますよね。そんな、ただ並ぶしかできない時間は恋する男女にとってはお互いを知る貴重な機会!好きな人と話をしていると、寒さも時間も忘れてあっという間に参拝の順番がやってくるはずです。年末に話したいこと・聞いてみたいことをたくさんストックしておき、電話でもLINEでもなく直接話をするチャンスを大事にしてくださいね。

■2.「この子と付き合えますように」

「付き合う前のデートで初詣をしに行って、お参りも終わって鳥居の所で彼が神社を出る前に『まじでよろしくお願いします』って本殿に向かって言ってて、そんなに何お願いしたの?って聞いても答えてくれなかった。その半月後、告白されて『あの時はこの子と付き合わせて下さい』ってお願いしたんだって言われた」(25歳/ホテル・旅行)

きゅん死に!初詣で「この人と付き合えますように」ってお互いがお祈りしていて、叶ったあとにふたりで「ありがとうございました」と挨拶に来る…なんて素敵ですよね。その日のためにも、恥ずかしがらずに、しっかり神頼みしておきましょう!

■3.『初』じゃない初詣

「『初詣まだだったら一緒に行かない?』と誘われて、もう家族と行ってたけど『まだだから一緒に行こう!』と嘘をついたこと(笑)なんと相手も男友達と既に行ってたらしくて、後から知って笑った」(29歳/マスコミ)

「ふたりでお参りしたいからってお互い家族と行ったあとに初詣したこと」(23歳/医療・福祉)

『初』詣じゃないじゃん!と突っ込まれてしまいますが、それでも会う口実って大事。初詣のお誘いって年始にしか使えないですし、何よりその年いちばん最初のデートができるチャンスになります。気になる人がいる方は、嘘でも良いので彼と初詣に行く約束をとりつけちゃいましょう!2回目だからってテンション下がらないように気を付けてくださいね。

■4.がっかりエピソードも…

「初詣は人が多く、並ぶのが当たり前じゃないですか!なのに当時の彼は着いて長蛇の列をみた瞬間『あぁー、なんか多くない?帰ろう』と…。結局すぐ帰って家でダラダラ。折角休みとれたのに年明け早々嫌な思いした」(28歳/医療・福祉)

「いい感じの人と初詣デートした時に、出店で買った焼きそばを食べてる彼がクチャクチャしながら食べてた。クチャラーはきつい…」(18歳/専門学校生)

がっかりエピソードも。気になる彼と初詣に行って引かれてしまわないように、「寒い」「長い」「混んでる」などのネガティブワードばかり言わないように注意しましょう。寒いときに熱いものを食べるときにも食事マナーに要注意です!

■おわりに

何はともあれ、まずは約束をとりつけるところから!気になる人がいるという方は、年始最初のイベント『初詣』を彼との『初きゅんデート』にできるよう頑張ってくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(泉三郎/カメラマン)