2016年12月22日、北京の紫禁城を背景に立つ女性。最新の研究では、北京のスモッグには、抗生物質への耐性を持つバクテリアが含まれているという(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)

写真拡大

 北京の悪名高いスモッグは、人間の健康を害すると広く認識されている。2013年前半には、北京の大気汚染に起因する呼吸器疾患により、1日約7000人の子供たちを入院させるほどだと形容された。その「スモッグ脅威論」に拍車をかける研究が、このたび発表された。それによると、北京のスモッグには抗生物質耐性を持つ遺伝子が、他の環境より最も多いという。さらに体内に取り込まれて「将来は病原体となる」可能性も指摘された。

 スウェーデンのイエテボリ大学の科学者は、世界中で人間、動物と外部環境からとられる864のDNAサンプルを採取。このなかで、北京スモッグが抗生物質耐性遺伝子(ARGs)の最も多いという。

 ARGsは一般的に、廃水・ヘドロ、製薬汚染、鉱山、動物の排泄物など不衛生なものに多く含まれる。研究者ヨアキム・ラーション氏によると、北京スモッグには、難病への最終手段として感染症対策に用いられる抗生物質「カルバペネム」への抵抗性遺伝子がみられたという。

 世界保健機構(WHO)によると、例えば肺炎、結核、敗血症、淋病などは、抗生物質が効果を発揮できなければ治療するのがより困難になると指摘する。

 中国財新ネットに答えたラーション氏は「病気を引き起こしかねないARGsを持つバクテリアが大気にのって運ばれるならば、(それが起因となる)病気を治療するのはより難しくなる」と答えた。

 国営メディアは、衛生計画生育委員会の関係者の話として、「ARGsは人々を病気にはしない。人の持つ免疫がバクテリアを退けることができる」と、強調した。

 中国ミニブログ・微博(weibo)では、ユーザがこれに反論した。「そうか。ARGsは病気の要因にならない。でも病気になれば、ARGsは病気治療の足かせとなる… それは酷い話だ。概念を取り違えて、大気汚染問題を無視している。まったく良心に欠ける」。

(翻訳編集・佐渡 道世)