戦前の低評価を覆してチームを箱根駅伝本戦に導いた上武大の近藤重勝監督。前回の記事では、メンタルトレーニングの導入など独自の調整法を紹介したが、10月の予選会からの2カ月も、例年とは異なるアプローチ方法を取っている。

 これまでの上武大は、シード権獲得を果たすために箱根の本番直前までハードな練習を積んでいた。しかし、今年の走り込み期間は11月後半から12月前半にかけての伊豆大島での合宿まで。その後、強度の高い練習は間隔を置きながらの実施へと変えている。これは力を維持しながら、コンディションの向上を図るためだ。

「直前まで頑張り過ぎないようにしたのは、自然体で箱根に臨もうという意味合いもあります。幸い、その取り組み方のせいか、エントリーメンバーは皆、故障なくここまできていますし、全員が持てる力を出せる状況ができつつあります」

 近藤監督の言葉通り、戦力は予選会以上のものへと仕上がってきた。エースは予選会でもチームトップの東森拓(4年)。これまでは調子の波が大きかったが、今季はメンタルトレーニングの成果もあり、状態が悪くてもそれを受け入れて修正できる力がついた。そこに、主将の森田清貴や上田隼平(共に4年)、坂本佳太(3年)といった箱根経験者、今季大きく成長した太田黒卓(2年)が主力としてチームを支える。

 また、前回大会で6区を走った馬本匠(4年)は予選会のメンバーから外れたが、ここにきて状態も上がってきた。夏前から故障で戦列を離れているスピードランナー、井上弘也(2年)が間に合わなかった点は残念だが、ほぼ近藤監督のイメージ通りのオーダーが組めそうだ。


 駅伝の鉄則は序盤で出遅れないこと。シード権を狙う上武大は上位争いに加われずとも、常に10番手争いの中でレースを進めたい。ただ、過去8回の箱根を振り返ってみると、2区終了時点で上武大が10位以内につけた大会は1回のみ。最下位に終わった昨年も、2区終了時点で19位に沈んでいる。各大学のエースクラスが集まる序盤の2区間で、中位に食らいつけるかが最初の関門となるだろう。

 そこをしのぎ、5区への中継まで10位前後をキープできれば、山上りには森田清貴(4年)がいる。前回も5区を走って区間9位。今季は関東インカレ2部ハーフマラソンで5位に入るなど、走力は確実に上がった。上武大にとって今回の5区は、自信を持って他大学と勝負できる区間だ。

「2区の東はすでに決まっていて、本人も万全の準備ができています。1区も主力の中から最も調子のいい選手を使うつもりです。できれば5区には10位以内、悪くても10位と1分30秒差でタスキを渡せればと考えています。そして森田には区間賞を狙うつもりの走りを期待しています。それだけの走りができれば、復路にはいい形で入れるはずです」

 復路も前回6区を走った馬本を筆頭に、中堅クラスが多く控える。今季はチーム内での12、13番手までの実力差が小さく、本番直前で調子のいい選手をチョイスできる点も好材料だ。

 監督に就任して9カ月。上武大のカラーも少しずつ変わり、「私の目指す形の選手が増えてきた」と近藤監督は言う。目指す選手像は「地味だが、堅実に試合で結果を残せること」。地道な強化の積み重ねと、試合へ準備を進めてきた今、近藤監督は大一番を前にしても不安やプレッシャーはまったくないそうだ。

「この箱根駅伝、私は自然体で臨めそうです。やるべきことをすべてやり、準備が万全にできたという手ごたえがあるからだと思います。ここまできたら、後は何が起きても驚かないと言えるくらい、私は腹をくくりました。あとは、シード権を見据えて強い気持ちで本番を迎えるだけです。目標達成のカギは、選手がレース中にどこまでシード権獲得に執着心を持てるかだと思います」

 上武大の箱根での過去最高順位は14位。しかし、「その更新は何も生み出さない」と話す近藤監督。あくまで10位以内のシード権獲得だけを狙い、新春の箱根路に挑む。

加藤康博●文 text by Kato Yasuhiro