KDDIは27日、IoT向け通信技術 Low Power Wide Areaネットワークの1つである「LoRaWAN 」に対応した「LoRa PoC キット」の提供を2017年1月に開始すると発表した。

 「LoRaWAN 」は、世界の半導体メーカーや機器メーカーなどからなる「LoRa Alliance」が策定した920MHz帯などの無線局免許が不要な周波数帯を利用した無線通信規格。省電力かつ広範囲に通信できる特長を持ち、従来と比較して電源の確保が難しい場所や電波の届きにくい場所でも利用することができる。今後は、「LoRaWAN 」を活用することで、河川や山、農場などの環境・農業分野で幅広く利用できるほか、ビルの地下やさまざまな施設の敷地内でも利用が広がる。

 「LoRa PoC キット」は、ソラコムが開発したシステムと、KDDIのIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」を連携させた法人向けの検証キット。要望の場所に合わせてLoRaゲートウェイを設置し、「LoRaWAN 」によるエリアを構築することができるほか、LoRa端末の管理や運用、アプリケーションサーバーの利用が可能なため、すぐに「LoRaWAN 」を活用したビジネス環境を用意できる。なお、別途IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド Creator」を利用することで、要望に応じた独自のアプリケーションサーバーの開発も可能である。