2017年1月5日に開幕する国際家電ショー「CES2017」において、人とのコミュニケーションができる「AI」(人工知能)を搭載したEVコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」をワールドプレミアすると発表したホンダ。

ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術「感情エンジン」を、同モデルに搭載しているとして話題になっています。

そうしたなか同社は、車載用OS「アンドロイド」で結びつきが深いGoogleが立ち上げた「ウェイモ」社と、自動運転技術の共同研究に向けた検討に入ったそうです。

本田技術研究所が12月22日に発表したもので、新聞報道などによると「ウェイモ」が保有する自動運転技術を自社車両に搭載して米国の公道で実証実験する模様。

同社は2020年頃に高速道路での自動運転実用化を目指しており、いち早く実用化に取組んで来たGoogle(ウェイモ)の知見を活用することで、運転手不要の完全自動運転車(レベル4)の早期実現を目指すものとみられます。

トヨタや日産は「コネクテッドカー(つながる車)」分野で米マイクロソフトと提携しており、BMWは米半導体大手のインテルと提携、ボルボも米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズと連携して自動運転車を共同開発しています。

「ウェイモ」も既にFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と同分野で提携するなど、自動車メーカーとの連携により自社技術の標準化を目指しており、自動車メーカーとIT大手との連携が加速するなか、これまでの単独開発から一転、連携戦略で巻き返しに出た、ホンダの今後の動きが注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

会話できるEVコミューター「NeuV」をホンダが出展!【CES 2017】
http://clicccar.com/2016/12/09/424748/

パナソニックが2020年までに自動運転式小型EVを製品化!
http://clicccar.com/2016/11/27/420492/

「5G」活用で無人運転バスを遠隔制御!DeNAとドコモが実証実験
http://clicccar.com/2016/11/23/419141/

ソフトバンク子会社SBドライブが「喋る無人運転バス」を実証実験開始!
http://clicccar.com/2016/11/07/414575/

自動運転車の原点は米TVドラマ「ナイトライダー」だった!?
http://clicccar.com/2014/10/22/274072/

ホンダが「自動運転」開発方針を転換!Googleと連携へ(http://clicccar.com/2016/12/27/429482/)