超十代インタビュー/小南光司が十代の時もっとやっておけばよかったと思うことって…?」

写真拡大

 

 

2017年の春も、あの神イベントと言われた「超十代」の開催が決定しています!!

 

早くも参加予定モデルなどが発表されていますが、好評だった「超十代TV」も再び開局しています♪

 

109ニュースは今回もこの出演者にインタビューしてきました!

 

まず登場してくれたのは小南光司クン。

昨年も出演した小南クンならではのアツいインタビューをぜひチェックしてください!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

--前回も超十代に出演されていますが、そのときの思い出などはありますか?

 

「楽しいだけではなくて、十代の未来のためのコンテンツも含まれている、いいイベントだと思いました。あとは、十代の子のパワーとかフレッシュさっていうのを、すごく感じられたイベントでした! ステージに立ったときの歓声だったり、ブースに行ったときにみなさんのキラキラした目を見たりして、僕自身もたくさんの元気をもらえたことを覚えています!」

 

 

--3月28日の開催も決定しましたが、次回の意気込みを教えてください!

 

「僕も常識が足りてるわけじゃないんですけど、“ゆとりだから…”とか言われないように、大人のマナーというか社会の常識みたいなものもイベントの中で教えられたら嬉しいですね」

 

 

--なるほど! 小南クン自身も十代の時にそういったことを知っておけばよかったなと思いますか?

 

「そうですね、もっと勉強しとけばよかったなって…(笑)。  どの仕事をするにも一般常識って必要になってきますし、知ってて損することはないと思いますから!」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

--次回の超十代では、「超十代のブカツ」と題して、「超ギャル部」や「超スニーカー部」など、さまざまなコミュニティが生まれていますが、小南クンは部活動はしていましたか?

 

「はい。中学のときから野球部に入っていました。家族が巨人ファンだったのがきっかけで始めたんですけど、初心者だったので最初はたいへんでした! でも、辛い練習の合間に、部室でモンスターハンターとかやって遊んでたり(笑)。そうやってサボったりするのもひとつの青春の思い出なんですよね〜」

 

 

--高校に入ってからは?

 

「高校でも野球を続けたんですけど、実は途中で辞めてしまったんです…。でも、ずっと続けてる仲間の姿とか見ていて、後悔したこともありました。だからこそ、社会に出てから、何事も逃げないでやることが大切なんだなって思っています!」

 

 

--その時の経験が、いま役に立っているんですね。では、超十代に来るお客さんたちに、最後にメッセージをお願いします!

 

「僕たちキャストもすごい盛り上げたいと思いますし、ブースでも楽しんでもらいたいです! あと、実は超十代って、同じ十代にどういう子たちがいるのかっていうのを、知ることができる場所だと思うんです。十代の子があんなにたくさん集まる場所はなかなかないと思うので、イベントに来るだけでもいい勉強になると思います! そして、小南光司が出てきたら大きな声援をお願いします‼︎(笑)」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ご自身の経験なども交えながら、真剣にイベントのことを語ってくれた小南クン。

そう、超十代って楽しく学べる場所なんですよね!

ぜひ、みなさんも、当日はしっかり楽しみつつ、いろんなことを吸収してくれたらと思います!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

小南光司クンも出演した「超十代TV」は原宿駅前のAmebaFRESHStudioから生放送でお送りしました。

アーカイブも視聴できるので、ぜひご覧ください♪

 

 

 

次回の配信予定などはSNSやオフィシャルサイトなどでチェックしてくださいね!

 

 

 

 

超十代 - ULTRA TEENS FES - 2017@TOKYO

 

◼︎日時:2017年3月28日(火) 開場12:00  開演13:00  終演19:30 (予定)

◼︎会場:幕張メッセ国際展示場6・7ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

◼︎チケット:〈前売り〉¥2,800  〈当日〉¥3,500

◼︎主催:超十代製作委員会

◼︎公式ホームページ:http://chojudai.com