日本初上陸スーパー「ビオセボン」と「ピカール」に行ってみた♪絶対に買うべき商品6選

写真拡大 (全7枚)

日本初上陸の有機食材スーパー「Bio c' Bon(ビオセボン)」と、冷凍食品界に革命を起こしたといわれる冷凍食品スーパーの「picard(ピカール)」がともに麻布十番にオープン! フランス語のBio(ビオ)とは、オーガニック(有機)のこと。日本ではまだまだ有機食材を中心とするスーパーは数少ない貴重な存在です。

「ビオセボン」はフランスを中心にヨーロッパで、100店舗以上を展開する人気のオーガニックスーパー。この店舗数から、ヨーロッパでの有機に対する意識の高さが伺えますよね。そして、冷凍食品専門スーパーの「ピカール」は、冷凍食品だからこそ叶う、ナチュラルな製法や鮮度の高さ、エコへの配慮などが特徴。「ビオセボン」同様に、フランスでは高い人気を誇っているんです。

フランスで人気のビオ(有機)&冷凍食品スーパーで買うべき6つの食材

今回は、日本に上陸した、オーガニックでナチュラルなこの2大スーパーで取り扱う食材の中から、私WOONINおすすめの6品をご紹介します!

1. 「ビオセボン」の量り売り生ナッツ

ビオセボンのナッツの量り売りバルクコーナーは、室温と湿気に細心の注意を払い、徹底した品質管理をしています。ナッツの新鮮さと香ばしさは、まさに海外のオーガニックスーパーのナッツの量り売り場そのまま! 特に生カシューナッツや生クルミの美しさと、フレッシュなおいしさはぜひ味わってほしいです。

2. 「ビオセボン」のオーガニックサーモンと牧草飼育のお肉

なかなか手に入らない食材オーガニックサーモンも「ビオセボン」で買うことができます。オープンキッチンになっているお惣菜コーナーでオメガ3たっぷりのサーモンをテイクアウトできるなんて嬉しいですね。そして、ミートコーナーでは、牧草飼育の牛肉やラム肉、ケミカルフリーの豚肉や鶏肉が充実しています。安心安全で栄養たっぷりな動物性食材が、毎日手に入ります。

3. 「ビオセボン」のココナッツアイスクリーム

オーストラリア発のヴィーガンアイスクリームブランド「ココフリオ」も「ビオセボン」に日本初登場! ココナッツミルクが主原料で、フワッと軽いライトなギルトフリー(罪悪感ない)アイスクリームです。スマートスナッキングの幅が広がりますね♪

4. 「ビオセボン」のグルテンフリーパスタ

豆や米粉、遺伝子組み換えでないコーンなどから作られた、欧州のグルテンフリーパスタが豊富にラインナップ! グルテンフリーといえども、小麦パスタに劣らないもちもち感でとてもおいしかったです。米粉とコーンのパスタ(写真右)は特におすすめですよ!

5. 「ピカール」の冷凍ビオラタトゥイユ

「ピカール」の冷凍食品は、家庭で作った料理をまさにそのまま冷凍したような味わい。食事、軽食、ベイクデザートまで、驚くほど種類が豊富! その中でも添加物不使用で有機野菜を使った冷凍ビオラタトゥイユを試してみましたが、手作り感たっぷりでした。しかも、調理は温めたプライパンで炒めるだけ。お好みでパクチーを加えたり、適量の水と前述の米粉とコーンのパスタを加えて一緒に煮込んだりと応用できるのも魅力的です♪

6. 「ビオセボン」のオーガニックドッグフード

愛犬と暮らす人に朗報! 「ビオセボン」には、なんとオーガニックの手作りドッグフードまであるんです。オープン3日目にして、売り切れの商品もあるほど人気なんだとか。犬を飼っている友人宅に遊びに行く時のお土産にしてもいいかも。カリスマドッグトレーナーであるシーザー・ミランの著書も置いてありました。

「ビオセボン」の登場で有機食品がぐっと身近になり、添加物不使用の冷凍食品を展開する「ピカール」は忙しい現代の女性の強い味方です。両店のフードカルチャーやライフスタイルからたくさんのことを吸収できると思うので、ぜひ足を運んでみてくださいね。


【関連記事】
・ 食べ過ぎ予防にも!?良質なオイル「グッドファット」を摂るべき7つの理由
・ 流行に敏感なNY&LAガールズが実践する、7つのクリーンイーティング術

photo :WOONIN
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。