スイーツの宝石箱や〜!「Jewel Box スイーツおせち」

写真拡大

お正月気分を味わうためにもぜひ食べたいおせち料理ですが、「好きじゃない」「飽きる」という声もよくあるのも事実。

では好きなものをおせちにしちゃったら...? 2017年おせち料理の変わりダネ、集めてみました。

重箱に好きなものだけ詰めて

すっかりメジャーになりました【スイーツおせち】編

これはもう食べたことあるという人も多いかもしれません。最近ではホテル、有名スイーツ店、和菓子屋を始め、大手スーパーやコンビニからも出ていますよね。

まずは小樽洋菓子舗ルタオの「スイーツおせち」(2万5920円、公式サイトでは完売)は毎年話題になるスイーツファン垂涎モノのおせちです。

リムヴェール・パティスリーカフェの 「Jewel Box スイーツおせち」(6480円)は13種のこだわりスイーツが入っていて、まさに「スイーツの宝石箱」。2016年版も大好評でした。眺めるだけで、新年から幸せな気分になること間違いなしのおせちです。

肉食派の皆さんへ【肉おせち】編

柿安本店からは厳選した松阪牛または黒毛和牛の5種のラインアップの肉おせちが出ています。今年新たに加わったのは「松阪牛2段セット」(3万円)。重箱に見立てた金の角皿に「すき焼肉」を盛り付け、皿盛りの「ステーキ肉」とともに2段に重ねてあります。

酉年ならでは!【ファストフードおせち】

もはや「おせち」なのかもわからない、ツッコミどころ満載のケンタッキーフライドチキンの「ケンタお重」です。

クリスマスのイメージが強いケンタッキーですが、和食に飽きた新年に食べたくなるのは、案外この味なのかもしれません。

重箱風パッケージに「オリジナルチキン」、新サイドメニュー「えびパリパリフライ」、「カーネルクリスピー」、「ビスケッ ト」、「ナゲット」、「フライドポテト」の6種類が詰め合わせてあります。松・竹・梅の3種があり、価格は松が3000円、竹が2500円、梅が 2000円で、2017年2月28日まで何度でも使える「お年玉クーポンパス」1枚がついています。

考えてみれば2017年は酉年だし、選ぶなら「今」かもしれません。

この記事で紹介した商品のいくつかはQoo10でも購入できます。